トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Origami Christmas Tree in Istanbul
「店のショーウィンドに折り紙でツリーを作ってほしい」

仕事を辞めて暇してますので、こんなことを頼まれました。

そこでブロック折り紙のやり方で、カラーおりがみで試しに作ってみました。

photo[1]

星は宮島昇さんの作り方で作った立体星です。難易度高いです。

高さ1.5mくらいの大きいのがいいというので、トルコの色画用紙を使うことにしました。

まずはブロック片をつくるのに、正方形の半分の大きさに切ります。
1

それを半分に折って、真ん中から上に斜めに折ります。
3

両サイド折って裏返し、ミミの方を三角に折って下にたたみます。
5

両サイドたたんだら、真ん中に向かって折ればブロックは完成です。これをたくさん使います。300枚くらいですか、使いましたが、折るのはお店のオーナーがほとんど手伝ってくれました~
6

こんなふうに組んで行きます。
8

1段目をサークル上にして、これが2段目です。
9

どんどん上に組んでいきますが、大きいので曲がっているかどうか近くからはよくわかりません。
一応シリコンで止めながら組んでいるので、外して組みなおすには一苦労です。
10

あと、画用紙がちょっと薄かったようで、あまり高くすると重みで下の段がふにゃっとしてしまいます。
組んだ場所から移動したりすると、外れてしまいます。
それが注意です。中央に差し込める円錐形の芯があればきちっとするかもしれませんが、大きさが計算できないので難しいです。第一回目では無理。

とにかくなんとか形にしました。
ŽÊ+_convert_20121213212225

シリコンの跡とか曲がりをごまかすためにリボンと鶴をちらしました。
結局1.5mまでは積めませんでした。重みで下が広がってしまいます。5段くらいまでがよかったかも。

てっぺんの星はユニット折り紙の三角形12枚使いです。銀色の包装紙で作りました。

実物は Beyoğlu istiklal cad.裏のMeşrutiyet Cad. EDO Fashionにあります。

後ろからあまりじろじろ見ないでください。。。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking
スポンサーサイト

テーマ:ペーパークラフト - ジャンル:趣味・実用


第一回折り紙教室 Origami in Istanbul
ヘバーデン結節がまだ完全に治っていないのに、おりがみ教室をすることになってしまいました。

というか、9月からやることになっていたのに、指が痛いせいで延ばしていたのを今月することにしたのです。

まだ治療も続いており、今はパラセタモール系の鎮静剤(MINOSET)を飲んでます。それからグルコサミン、
それにオメガ3も足しました。これでだめならレーザー治療です。今自宅で続けている治療に関してはまた別のときに書きます。


 さて、おりがみ教室です。Beyoğlu Meşrutiyet Cad. にある日本ファッション、小物のお店、EDO Fashionの二階で開催しました。最近はイーネオヤも売ってるんですよ。かわいいものがたくさん:)

 スポットでやるので1回ぽっきりでできるものをやらなければなりません。

 大人相手ですから犬の顔とか平たいチューリップでは満足しないでしょう。

 使えるものがいいかなと思って、箱を作ることにしました。
 
 箱といっても、本格的な三枚はぎや4枚はぎのものでは初心者はすぐにギブアップしてしまうことは目に見えています。

 わたしはおりがみを外人に教えることに関してはかなり経験がありますが、日本人が誰でも知っている鶴などは、外人にはすごく難易度が高い。まずあのひし形にもってくることができないのです!

 そこで簡単な1枚でできる箱のつくりかたを探しましたら、ありました!

origami box

 シンプルなのもいいですが、トルコ人にシンプルは受けないので、上に睡蓮などのせてみました。
もし参加者でできる人がいれば鶴も教えてあげようと思いました。
どうですか、かわいいでしょう!!厚い紙など素材を変えてつくってみましたが、思いがけず大人かわいい箱になりました。

 このワークショップの話はYeniyeti.comというスポットのワークショップをアレンジするサイトからオファーがあったものです。しかしながらこの第一回の参加者はふたりのみ。。。

 でもわたしはまだ指が痛いから、これくらいでちょうどいいのです。何人にもやってあげられない。

origami+2_convert_20121105234547.jpg

 緑茶とお手製の抹茶ケーキもサービスです。これで30TLならいいですよね。かわいい若い女の子たちです。
 初めてにしては筋がいいです。

 この箱は下も上の蓋も折り方は同じなのですが、蓋はすこし大きめにしないといけないので、紙を若干大きくするか、中心を少し外側にずらしてやるかして調整します。創り方はこちらにあります。http://en.origami-club.com/traditional/box1/index.html

 新聞紙でも作ってみました。ここではフォントが外国紙っぽいのでCumhuriyetを使いましたが、5枚半しか紙面がないので不経済。。。本当はLe Figaroとか、おフランスの雑誌とか使おうと思ったんですが、準備不足。下を色画用紙でふたを新聞やかっこいい雑誌の紙にしてもおしゃれかも。

 origami+3_convert_20121106003103.jpg

 これからクリスマスの季節ですね。トルコでも年末はプレゼントを贈りあったりしますから、この箱に手作りアクセなど入れて活用してもらいたいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking



 

テーマ:ペーパークラフト - ジャンル:趣味・実用




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。