トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


裏シシリ案内
ワタクシのホームタウン、ŞİŞLİシシリですが、
最近はCHPの区長勢力争いで話題になってますね。
現区長のハイリさんは非常に紳士的な方なので、
狂言なんかしないと思いますよ。

それはさておいて、
シシリはガイドブックなどでは
あまりスポットが当てられない地区ですが、
半日空いた時間に歴史的な場所をプラプラしてみました。

朝友人との待ち合わせは、
うちから徒歩5分、Osmanbey駅近くのİTİMAT。
şişli1

イスタンブルに支店がたくさんある乳製品店ですが、
このErgenekon通り店は、喫茶コーナーや
世界のチーズコーナーも設けられていて、
他店とは一線を画した、ちと高級げな店構えです。
ワンプレートの朝食⒓TL。チャイは別なのが残念!
şişli2

さてここから奥のBomontiの方へ向かいます。
Abide-I Hürriyet大通りには両脇にフランス人墓地、
プロテスタント墓地が並んでいます。
このあたりはオスマン朝末期からLevantenと呼ばれる
オスマン帝国に住み着いた西洋人の居住区でした。
şişli3

通りをさらに進むと左手にはフランス・ラサール系私立学校
Saint Michel Lisesiが見えてきます。
1886年創立のこの学校には幼稚部から高校まであります。
理数系の科目はフランス語で授業をするという学校です。
şişli4

その先のもとシシリ警察署があった場所の隣には、
トルコ軍強化財団が入っているクラシカルな建物が。
もとはアルメニア人のAvedis Ohanyan Çakırという人の
持ち物でしたが、トルコ軍に寄付されたものです。
şişli5

Ohanyan氏は、タキシムのイスティクラル通りにあった、
Markisというアールヌーヴォー調のカフェのオーナーでした。
ミュシャ風の絵画が描かれたタイルが壁一面にある、
あのカフェです。
今は激安食堂になってますけど、内装は健在ですよ。

この建物の隣には現在自閉症の子供たちが通う特別学校があり、
それもなかなか素敵な歴史的建造物です。
元は何だったのかわかりませんが、
多分Levantenの物だったのでしょう。

ここからさらに奥の方へ進みますと、
エフェス・ビールの「Bomonti」というブランドの名前にもなっている
ボモンティのビール工場に行きつきます。
とんがり屋根があのドラキュラのブラショフ城みたいですね。
建築家は不明。
şişli6

ビールは19世紀前半にオスマン朝に入ってきたと言われ、
その後1902年にスイス人のボモンティ兄弟が生産を開始したのが、
この建物でした。今ではこの地区の呼び名になっています。
テキスタイルの会社や工場が並ぶ地区でしたが、
最近は高級集合住宅やレジデンス、
ヒルトンホテルもできて、再開発が進んでいます。
このビール工場は現在使われておらず、
廃墟になていますがとりあえず管理はされていて、
博物館とか文化センターになるなると言われながら
何年も経っています。Doğuşグループがレストランにするとかいう話も。
ちなみにこの通りの名前は「Birahane sokak」ビヤホール通りとなっています。

2本上の通りに戻りますと、
角に昔うちの上の娘が通っていたお安い私立学校、
今はあのチェーン学校Doğa Kolejiになっている建物が。
そこを左に折れて進みますと、
グルジア・カトリック教会が見えてきます。
şişli13

1868年に建てられたこの教会は、
1828年の露土戦争でオスマン朝が敗北した結果、
オスマン領からロシア領になってしまった
グルジア南部にあるメスヘティという
地域に多くいたカトリック教徒たちが、
ロシア正教の勢力に追われて、
ムスリムと一緒にイスタンブルへ逃げて来、
30年ほどの月日を経て組織化した
グルジア・カトリック教徒が建てたものだということです。
şişli8

うちの娘が通っていた頃のこの隣の学校のオーナーは、
Simon Zazadzeというグルジア系トルコ人でした。
この人がこの教会の修復にかなり携わっていたようです。
多分現在学校に使われている建物は、
教会付きの宿舎だったものではないでしょうか。

さて、テキスタイル工場街を抜けて谷底のような地形を渡り、
再び上へ登っていくと、シシリ区の新しい文化センターに
着きます。

左に行けば私の行きつけの病院、
オスマン時代ブルガリア病院だった
Türkiye Hastanesiです。

右側へ折れて工業高校をぐるりと回り、高架下をくぐって
Çağrayan方面へ進むと、
現代版コロッセウムのような新裁判所が見えてきます。
その隣にあるのが、Hürriyet Meydanı ヒュッリイェット・メイダヌ
「自由の広場」です。
şişli14

囲われていますけど、裁判所のほうから中へ入れます。
ここには1909年のルーミー歴の3月31日に、
当時の第二次立憲政治に対する反革命クーデターが起こり、
その際に殉死したマフムット・シェブケット・パシャや
その他の殉死者が葬られています。

şişli15

20リラ札の裏に登場している建築家、
ケマレッディン・ベイの設計による霊廟です。
オリエンタリズムと、20世紀初頭のトルコ人建築家の間で
流行した、「国民建築」様式の特徴である
重厚な明快さが組み合わさったデザインです。

ここには、ワタクシがなぜか気になっている
エンヴェル・パシャのお墓も。
şişli16

オスマン朝末期に立憲政治を担い、
その後第一次世界大戦参戦へ帝国を引きずり込んだ
統一党の御三家、エンヴェル、タラット、ジェマルのうち、
エンヴェル・パシャとタラット・パシャの墓があります。
それから、第一次立憲政治で首相を務め、
「ミトハト憲法」を起草し、
現在の農業銀行の前身であるオスマン朝初の農協を
つくった賢人パシャの、ミトハト・パシャのお墓もあります。

このモニュメント、「自由の碑」abide-i Hürriyetは
シシリのメイン通りの名前にもなっているし、
シシリ区のマークにもデザインされています。

さて、ここからMecidiyeköyの方向へ向かい、
シシリの実に罰発着所の手前を曲がると、
アルメニア人墓地へ着きます。
この門構え、見たことがありますよね?
şişli17

前にも入ったことがありますけど、
今回も門が開いていてラッキー。
この墓地には、著名なアルメニア人も多く眠っています。
オスマン末期から共和国初期にかけて、
トルコの近代化に貢献した文化人には、
アルメニア人もたくさんいるんですよ。

たとえば、
Yervant Oskanはイスタンブル考古学博物館の
初代館長オスマン・ハムディ・ベイと、
オスマン朝初の考古学発掘をした人です。
共和国建国後、トルコ語の体系化に貢献して、
アタテュルクから「Dilaçar-言語を開く?」
という姓を賜った、Agop Martyan Dilaçar など。
最近の著名人では、
大御所歌手のセゼン・アクスの恋人で、
彼女や数多くのミュージシャンに名曲を提供した
作曲家のOnno Tunçのお墓もありました。

あ~やっぱり1回では長すぎますね。
次に続く。 


< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


チューリップ・フェスティバル中のフディブ・カスルHıdiv Kasrı
イスタンブルでは今月30日まで
チューリップ・フェスティバルが開催されています。

チューリップというとオランダのイメージですが、
実は原産地はトルコとイランの国境あたりらしいです。
オスマン時代の細密画やタイルのデザインにもよく登場します。

開催っていうと、なにか催し物があるみたいですけど、
ただ単にまちにチューリップがたくさん植えられているってだけなんですけど。

旧市街ではギュルハネ公園、
新市街ではベシクタシ先のユルドゥズ公園、
ボスフォラスのエミルギャン公園など、
イスタンブル市民の憩いの場所で
美しいチューリップを鑑賞することができます。

hıdiv21

これはスマホじゃなくて一眼レフで撮ったからちょっとキレイでしょう。

さて、ワタシはアジア側に住む友人に誘われ、
ボスフォラス海峡北のBeykozの上方にある
Hıdiv Kasrıーフディブ・カスルという、
昔のお屋敷を利用したカフェレストランへ行きました。

hıdiv1
Hıdivというのは、昔オスマン帝国にエジプトが属していたころ、
エジプト知事っていうか、提督というんですか、
そういう地位のことを指していまして、
この屋敷は最後のエジプト提督だった
アッバース・ヒルミ・パシャのもので、
1903年に建てられました。
オスマン朝にはヨーロッパからちと遅れて
アール・ヌーボーが入ってきましたから、
当時はイスタンブルはアール・ヌーボーの全盛期。
この屋敷もその特徴をよく表していますが、
外観はどちらかというとアール・デコも入っているかな。
象徴的な塔を配して
提督らしい威厳をも兼ね備えたデザインになっています。

ちょっと時代違いますけど、目黒駅近くの旧朝霞宮邸を利用した
東京都庭園博物館てありますよね、あれがレストランになっていると
思ってください。あそこはアール・デコですけど。
ああ、あそこ、わたしが日本に住んでいた時は憩いの場所でした。。。

hıdiv24

内部もモザイクがあったりして、
非常に装飾的です。内部のほうがアール・ヌーボーの
特徴をよく表していて、曲線使いが美しい。

しかし人気なのは外の席です。
なにしろボスフォラス海峡が見渡せる、一等地です。

hıdiv10

お天気もよかったので、11時に行ってももう人がいっぱいでした。

hıdiv8
ここは結婚写真を撮るメッカ。
何組も撮影に押し寄せていました。

hıdiv16

昨年「お金使い過ぎ」とたたかれたせいか、
市役所がケチって今年はチューリップちと控えめ。
他の花もけっこうあります。

hıdiv14

hıdiv20

先週行った人が、今週が見ごろじゃないかと言っていたのに、
もう半分くらい散っていて、写真とるのに苦労しました。

hıdiv19

hıdiv18

なんとか写真を撮れるチューリップを探して
鑑賞してから次はオープンビュッフェです!
ここは昔、Turing(トルコ自動車協会)の
Çelik Gülersoyという人が、修復してレストランにしたのですが、
今はBelturというイスタンブル市役所の経営なので、
お酒はない~(というか、ブランチで飲まないけどね)
Çelik Gülersoyは他にもアヤソフィア・ペンションなど
老朽化した文化遺産を修復して観光施設にしてきた
功績がある方です。残念ながらもう亡くなっています。

hıdiv7

ソーセージ、ボレッキ、卵料理などがズラリ!

hıdiv6
果物を煮詰めてつくるペクメズというシロップからできているパスティルに、
ナッツが入った変わったおやつとか、干しアンズやケーキ各種。

hıdiv3
定番のトマト、きゅうり、オリーブももちろんあります。
チーズも各種。

公園もあるから、子供も遊べるし、
空気もきれいで憩いの場です。

オープンビュッフェのブランチは午後1時までで、
ひとり28,5TL。
しかし自己申告制なので、食い逃げする人がいると思うなあ~



< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


プリンセス諸島 ヘイベリ島 Adalar\ Heybeliada
イスタンブル、マルマラ海浮かぶプリンセス諸島のうちのひとつ、ヘイベリ島 Heybeli に住む友人のところに遊びに行きました。          
     kinaliada

プリンセス諸島で最もポピュラーで面積も広いのがビュユック島 Büyük Ada ですが、そのとなりにある人口約4000人の緑豊かな島です。海軍学校があることでも有名です。オスマン時代、プリンセス諸島の住人はほとんどルム(ギリシャ正教徒)でしたが、1923年のローザンヌ和平会議で取り決められた、ギリシャのトルコ系住民とトルコのルムを交換するという「住民交換・mübadele」で島を去った聞いていますが、実際には1940年代までいたルムもいたようです。イスタンブル市街地のルムは住民交換を免除されていましたが、40年代には第二次世界大戦の影響で恐ろしい経済危機に見舞われたトルコ政府が異教徒たちに高い資産税を課したため、かなりの数のルムがイスタンブルを去ったようです。さらには1974年のキプロス島危機でギリシャとの関係が最悪になり、残っていたルムもほとんどイスタンブルを後にしました。しかし今でもまだ残っているルムも少数ですがいます。

    aya nikola 
桟橋すぐ近くのアヤ・ニコラ Aya Nikola Kilisesi 教会   
ルムがいた頃の名残です。この他ギリシャ正教の修道院や神学校があります。
        sokak
ヘイベリの裏通り.

         lefter kupasi 
                                
島の有名人と言えば1958年のワールドカップにも出場したフェネルバフチェのサッカー選手、レフテル・クチュックアンドンヤデス Lefter Küçükandonyadisです。最近86歳で亡くなったレフテルはビュユックアダ出身で、イスタンブルを去らずにずっと残っていたルムのうちのひとりでした。かれの名を掲げた「レフテル杯」というのができたようです。
 
 さて、桟橋から上方に伸びる坂道をえっちらおっちら上っていく途中には、古い木造民家が並んでいて目を楽しませてくれます。その中の一軒には、アタテュルクの戦友で、トルコ第2代大統領、通称「Milli Şef」ノイスメット・イノニュIsmet İnönü の別荘があって、今では博物館になっているので見学できます。
          inonu evi

これは島唯一の高級ホテル、ハルキ・パラスHalki Palas。昔この島はハルキ島と呼ばれていたのでした。Halkiというのはギリシャ語で銅と言う意味だそうです。きっと銅が採れたんでしょう。
           
 halki palas 

このハルキ・パラスを過ぎること50mくらいで海水浴場AND焼肉場の看板が見えてきます。そこを右にある森を抜けていくと、アサフ家族海水浴場 Asaf Aile Plajiに着きます。コンクリートで道が出来ていますが、それをたどっていくと別の家についてしまいますので、その道をそれて海岸に向かって右側のほうに行くのがポイントです。入場料は15TL。持ち込みOKでピクニックもできます。マンガル(焼肉セット)を借りることもできます。
          asaf plaji

            kinali sokak 
            hitode.jpg
かもめがこんなに近くまで来ます! よく見ると獰猛な目をしていますね。 娘が干上がったヒトデを見つけてしました。Aylinの真似するそうです~

やはりなんといってもここはまだイスタンブル市内ですから、水はきれいとは言いがたいですが、一応許可はでているので入れる程度にはきれいです。森に囲まれて、海の音をききながら、焼肉&ビールで命の洗濯です。しかも船が帰るからレジャー帰りの渋滞に巻き込まれることもありません。ビュユックアダに比べるとアラブ人や外人観光客も少ないし、すいています。

         koro
       遊びに行った家のわんちゃんと下の娘です。

ヘイベリアダにはイスタンブルKabataş、 Bostancıからは普通の定期船のほかIDO・Denizotobusu、民営のMavi Marmaraという船が、 Eminonüからは定期船が出ています。Denizotobusuでは1時間以下ですが、それ以外だと1時間半くらいです。遠くにバカンスに行く時間がない方々にお勧めの日帰りなごみスポットです。

FC2 Blog Ranking blogranking

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


イスタンブールで最近HOTになりつつある地区・カラキョイ
 今日は会社の仕事でイスタンブールのカラキョイ地区に行きました。うちの会社は海外引越をやっているので、お客さんはほとんど駐在員。でもときどきお金持ちの個人客もいるんですね。今日のお客はそんな人の中のひとり。どうもアート関係のしごとをしているようです。

 お客さんの引越先はカラキョイ・Karaköy.普通は人が住んでいないような地区です。バンカラル大通り(銀行大通り)と言うメインストリートが通っていて、文字通り一昔前は金融の中心地でした。いわばトルコのウォールストリートですね。オスマン帝国崩壊の生き証人となった建物たちなのですが、詳しくはわたしのHP, http://turkishculture.bitter.jp
「トルコの建築」のところを読んでくださいね。

バンカラル・ジャッデスィ・銀行大通り
これがその銀行大通りBankalar Cad.です。折衷様式の重厚な建物が並んでいる様は、まるでトルコではないみたい。

 こんな建物すごい建物の1本裏は、なぜか照明器具屋と水周り関係の道具屋街になっています。古い街区なので車が止まるところもなく、ひどいことになっています。
parking in karakoy

aşık merdiveni
バンカラル大通りから上に上がるカラキョイの名所・aşık merdiveni・恋人の階段です。ここからガラタ地区へあがる路地は散策が楽しい坂道です。

 今日ロンドンからの荷物を配達したお客さんの家はこの街区にあるアートギャラリー・Sumahanの上の階でした。最近はこの周辺を再開発して、観光的な地区にする計画があるらしいです。古い建物もホテルなどの施設になり、バンカラル大通りも歩行者天国になるのだとか。SumahanのSumaというのはぶどうやいちじくから作る蒸留酒で、ラクの原料にもなっているものだそうです。多分カラキョイの港から出荷されていたのでしょう。このSumahanはその倉庫だったのかもしれません。
 このカラキョイの上方はガラタ地区で、そこの20年前はいかがわしい地区だったのが、今はおしゃれな観光スポットになっていますから、ここもきっとそうなるでしょう。何しろ材料はそろっています。大通りの重厚な建物に加えて、恋人の階段、アラプ・ジャーミー、上へ上がれば情緒あふれる坂道に、タイムスリップしたような路地。本当、今日のお客さんは先見の明がありますね。

arap cami
 このアラプ・ジャーミーは8世紀はじめにイスタンブールがまだビザンツ帝国だった頃アラブ人に包囲されたときに、アラブ人が礼拝のために建てたのが始まりだそうです。その後この地区はカトリックのドミニコ派修道会によって、ごらんの通りカトリック教会のようなとんがり屋根の教会にされました。そしてオスマン朝による征服後はまたモスクになって近所の水道具屋さんたちに親しまれています。大通りの裏にあるので気をつけていないと見過ごします。

 こちらがSumahanの上階から見たアラプ・ジャーミーの裏側。こんな角度で見られることはもうないので、思わずシャッターを切りました。
arap cami 2

 しーんとして人っ子一人いないカラキョイの日曜日は、日曜の霞ヶ関のようですが、近い将来はおしゃれカフェが並ぶHOTなスポットになっているかもしれません。

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


ボスフォラス海峡でイルカ・ウォッチング
 イスタンブール日本人学校と補習校の懇親会があるということで、参加してきました!会社には日本人学校に営業に行くとか言ってでてきました。ちょっと長い営業時間ですが。。。
 今回はイスタンブール補習授業校の先生で、わたしの友人でもある、イスタンブール大学水産学科で教鞭をとっている天羽先生がいろいろセッティングしてくれました。

 arnavutköy
 ヨーロッパ側の集合場所は、海峡沿いのアルナヴットキョイ・Arnavutkoyです。19世紀末から20世紀初頭の木造家屋が並んでいます。ボスフォラス海峡に並ぶ古い木造家屋は「ヤル・Yalı」と呼ばれています。

rumali hisar
 少し北上すると、スルタン・メフメットがイスタンブールを征服前の1452年に9ヶ月と言う短い期間で造らせた城砦、ルメリ・ヒサル・Rumeli Hisarが見えます。海側からこんなに近くで見れることはあまりないので、写真を撮りまくりました。ちなみにこのすぐ先に海峡を渡る橋がかかっていて、ファーティフ(征服王)スルタン・メフメット橋といいます。

 さて肝心のイルカですが、かなり北上するまではぜんぜん現れず、このままで終わっちゃうかな~と心配していたところ、やっと出てきてくれました!
dolphin 1
黒い背びれがわかりますね?!ほとんど黒海の入り口の付近です。

dolphin 2
こちらにもポチっと見えていますね?!

ボスフォラス海峡にはマイルカ、ネズミイルカ、バンドウイルカの3種類が生息しているそうです。ネズミイルカはあまり水面に上がってこないそうなので、写真で見えている背びれはマイルカかバンドウイルカのものと思われます。

写真だとシャッターを押している間にイルカがひっこんでしまうので、動画でお見せします。なかなか出てこなかったりしますが、辛抱強く待っててください。見えてきたときのまわりの興奮した会話にも注目です。うしろで赤ちゃんが泣いていたりしてかなり騒がしいです。
[広告] VPS


こちらも。
[広告] VPS

動画をアップロードするのは初めてなので、2時間もかかってしまいました。。。

 最初はあまり出てこないので背びれがチラと見えただけですごい歓声があがったりしましたが、やっぱり人間の欲望と言うのはどんどんエスカレートするんですね。もっと体を見せて飛び上がってほしいなどと思うようになります。そのうち1回、2回飛び上がったりすると、もう背びれが見えただけでは声も上がらなくなりました。最終的には数回飛び上がったところが見えたので、皆満足でした~

最後に集まった父兄の方々です。船はこんな感じでした。
watching people

昔は駐在員とこちらに元から住んでいる人間とはほとんど交流がなかったのですが、最近はこのように一緒に何かする機会があってよかったです。これからも交流を深めて行きたいと思います。

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。