トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クルバン(犠牲)肉の保存法ーKışlık Kavurma
4日間の犠牲祭・クルバン・バイラムも終わり、親戚奉仕でお疲れの方も大勢いらっしゃると思います。

もちろん犠牲に羊や牛を捧げたご家族もいるでしょう。お肉が回ってきてどうしましょう、と思っている方も。

切り分けて冷凍するのもよし、挽いてひき肉にするのもよし。 でもなんか犠牲の肉のひき肉は今ひとつ。  

わたしがおすすめするのは「カヴルマ」です。カヴルマと言っても、おなじみの炒め物ではなく、 保存用の「クシュルック・カヴルマーkışlık kavurma」のことです。  

一度と殺した家畜の肉は一度では食べきれないので、冷蔵庫がなかった時代に行われていた保存方法です。 昔サフランボルではこの保存食カヴルマのことを「クイマ(挽肉)」と言っていました。 本当に挽肉みたいにバラバラになります。

今年カヴルマを作り終わってから(指がまだ痛いので、切り分けは近所のおばさんに頼みました。。。)ブログに書こうと思いついたので、作っている最中の写真はoktayustam.com からの借り物です。

kavurma1

羊でも牛でもいいのですが、こんな感じにさいの目(kuş başı)くらいの大きさに切って、炒めます。 このとき脂身も少々入れるとうまくいきます。

水も何も加えないでください。

最初は強火で少ししたら弱火で40分くらい炒め続けます。肉の水分が外に出てきて、それがなくなるまでです。 油っぽさは残っていてもいいですが、水気は完全に抜けていることがポイントです。

それを確認したら塩で味付けして火を消し、荒熱が取れるまで置きます。 完全に冷ましてしまっては硬くなるのでだめです。 まあまあ熱いうちに広口ビンにつめます。

ぎゅうぎゅう押していいです。 今回脂身がほとんどなかったのでこんな感じですが、本当は肉の間が白い脂で埋まります。

kavurma kavanoz


完全に冷めてから蓋を閉めます。完全に冷めていないと熱で出る蒸気で肉が腐ってしまいます。 ビンのまま冷蔵庫で何ヶ月か保存がききます。

生肉を炒めたのとは違って、燻製っぽいパサパサ感が特徴です。 コンビーフみたいに筋ばった感じ。 野菜の煮物にちょっと入れたり、卵とじにしたりしてもおいしいです。

中まで沁みた塩味が肉の旨みと合わさって 絶妙なハーモニー。

缶詰やソーセージ売り場にも工場生産品が売っています。 サンドイッチを売るバッカルにもあって、 工事現場などで働く作業員が、近くにビュッフェや食堂がなくて困っているとバッカルでカヴルマサンドを 作ってもらって食べています。何もないときの人気メニュー。

これは肉製品で有名なメーカー、アピックオウルのカヴルマ。こんな風に脂の部分がマーブルになっています。
hazir kavurma


肉そのものとはちょっと違った風味をお試しください。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking


トルコ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


へバーデン結節治療記 The Therapy of Hebarden Nodes in Turkey
ヘバーデン結節という指の病気にかかってしまいました。
ちょっと英語でも題名を表示してみました。もしかしてこの病気に悩む外国人も見るかな~などと思って。

石灰化(kireçlenme)の一種らしく、遺伝が多いと言うことですが、私の家族にはだれもいません。40代以上の女性に多いと言うことです。。。まさにアラフォーの病気です!

before 3
 Middle and ring fingar

このように指の第一関節に結節ができて膨らんでしまいます。中指は4.5年くらい前になって、今は痛みはなくなっています。そのときは腱が傷ついていると言われてサポーターをはめていたのに、これだけ膨らんでしまいました。
押すと痛いので、キャップを開けたり、何かをつかんだりするときに痛いです。

before1 Index,middle,ring fingar
こちらは人差し指が痛いです。気付いてすぐにサポーターをつけたので、あまり曲がっていませんが、膨らんでいるのがわかりますね。中指も若干なっています。

4,5年くらい前になったときは1本だけだったのでこの病気に気付きませんでした。子どもを追いかけたりしているときに壁に当たったり、とにかく子どもが小さいうちはどこかにぶつけることが多いんですよね。

それが原因と思っていました。しかし今回4本も同時になったのでおかしいと思い、ネットで調べたところ、この病名が浮かび上がってきました。

そこで行き着けのTürkiye Hastanesiの整形外科に行きレントゲンをとってもらいました。わたしがヘバーデンの可能性を切り出したところ、そうかもしれないからリウマチ科に行けといわれました。

この病院にはリウマチ科がないので、社会保障SSKがきく国立病院に行こうとして予約とろうとしたところ、どこもいっぱい!

インターネットでは向こう2日間分しか出てこないので、その先の予約がとれません。いつ見ても真っ赤で空いている時間がない。予約取りの専門科になった人に聞いてみたら、「夜中の12時に日付が変わるときがねらい目なのだ」と言われてトライしましたが、やっぱりだめで断念。。。リウマチの専門医が少ないんです。

そこでSSKの割引がきく私立病院でリウマチ科があるところをさがしました。

HUZUR HASTANESI・フズル病院。それがわたしが見つけた安い病院です!
 また宗教っぽい病院ですけど、そういう病院が安くてよかったりするんですね。
huzur.jpg Huzur Hospital

予約が取れなかったHASEKI病院のすぐ隣。リウマチ科は割引がきいて診察30TLです。
それでそこの先生がすごくよかったんですよ。
Uzm.Dr. HÜLYA DEDE VAHEDİという岸田今日子似の女医さんで、とても丁寧な診察でした。

血液検査の結果リウマチでないことが判明したので、やはりヘバーデン結節と診断されました。

そこで理学療法の専門医にまわされ、理学療法(Fizik Tedavi)15回受けることに。

このお医者さん、Uzm.Dr.Şen Bezirganさんはホームドラマで主人公のお父さんが会社帰りに立ち寄って一杯やる小料理屋のおかみみたいな太りぶりなのですが、親身になって相談にのってくれます。しかもここのFizik TadaviはSSKがきいて一回15TL とお安い。

会社に行く前の一番最初の予約で8時に行きます。つらいです。

まずは低周波治療器です。自宅にオムロンのホームタイプがありますが、病院のは強い!
elektrotlow-frequency therapy equipment

こんな風にはさみます。
elektrot therapyapplication:20Min.
ときどき「ギャ~」というほど強いのが来ます。「そんな風になる人は今までいなかった」と驚かれてしまいました。やっぱりトルコ人は強いんですね。

ちなみにこの病院の経営者はイラク出身なので、イラク人のお金持ちも入院治療を受けに来ていました。アラビア語のおかかえ通訳がいるんですよ!

これを20分やったあとは超音波治療です。

ultrason1ultrasonic therapy apparatus

ぬるま湯の中で超音波をあてます。
ultrason3 application:5min.

そのあとはパラフィン治療と言う、ロウを溶かしたお湯につけて温める治療です。
ultrason2 paraffin therapy

すぐタオルに包んで15分ー20分そのまま保温します。
towel wrapped with towel and wait for 15-20 min.

ロウが手指をラップして保温してくれるんです。はがすとこんな感じ。
parafin 2 after paraffin therappy
これはきれいにとれたとき。ゴム手袋みたいですね。

普段はこういうサポーターをしています。薬はVoltalenのジェルと飲み薬。
after support splint and medicine: Voltalen jel,Voltalen tablet.

15回終わりましたが、結果は微妙。Voltalenの錠剤が強いので、Minosetに変えて1ヶ月くらい様子をみることにしました。Voltalenをサボっていたので、Minosetを飲み始めて続けたところ、一番痛い指の引きつりが減ったような気がします。

それでだめならレーザー治療といわれました。さてどうなることか。。。


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


トルコの保守層の変化 
 昨日「32日目・32.GÜN」という、メフメット・アリ・ビラントという

トルコの鳥越俊太郎みたいな人の番組を見ていたら、興味深い調査結果を討論していました。

32gun1.jpg

出演者は調査の主催者であるボアズィチ大学教授ハカン・ユルマズ氏

(トルコ人の代表みたいな名前ですね~。「山田太郎」みたいな。同姓同名の人に何回も会いました)

と野党CHPの女性議員ビンナズ・トプラック、

それからスカーフほっかむり族のファッション誌「Âlâ」の女性編集長エブル・ビュユックバーという面々でした。

ALA

これがその雑誌なんですが、編集長本人が表紙になってます~ たしかに最近裕福でおしゃれなほっかむり層が増えました。いい車に乗ってたりします。英語がペラペラだったりとか。

 テーマは「トルコの保守派層の変化」というもので、2006年の調査からどのように変わっているのかを取り上げていました。

2006年といえば、ほっかむり族の女子学生たちが大学から締め出されたりして肩身の狭い思いをしていた時代でしたか。いずれにしてもほっかむりとそうでない層が対立していた時代ですね。

結論から言いますと、全体の保守性は多少上がったものの、トルコにおけるイスラム教の敬虔度は6年前とほぼ変わりなく、超原理主義層には減少が見られるということです。そして個人主義が進み、あまり他人に干渉しなくなったということが挙げられています。

32gun4.jpg

自称敬虔度が高いひとにきいてみたところ、このように断食をしていないひと、ナマズ(礼拝)をしない人、スカーフをかぶらない人を見ると不愉快になるかという質問に対して、「ならない」と言う答えが2006年よりも増えています。

「自分は敬虔だと思う」人の割合に多少減少があるものの、それでも88・9%もの人が自分を敬虔なイスラム教徒だと思っています。それなのにナマズをする人と断食する人は減ってきています。

心だけは敬虔なのだということでしょうかね。断食率は64%から53%に減っていますが、それでも半分の人はしているんですね。

ほっかむりや敬虔な男性から見て、露出の多い女性を見ると不愉快になるかと言う問いに対しては52%から34・6%とかなり減少しています。ほっかむり系の家族もそうでない人たちを毛嫌いするのはやめてきたんですね。それはお酒を飲む人に対する不愉快度も64.6%から52.2%に減っていることからもわかります。

ピアスをした男性を見ると不愉快になるかというのが52・8%から41.9%に減り、逆に見かけは自由にしている人の、宗教っぽい格好、たとえば長衣にタッケ(男性の宗教的な帽子)に長いあごひげの男性に対する不愉快度も42%から34%に、黒装束の女性に関しては39・6%から31.4%に下がっています。

しかしピアス男やチューブトップ女は許しても、ホモセクシャルには容赦ないです。多少の減少は認められるものの、いまだに7割が不愉快と答えています。

自分と違うグループの人々に寛容になってきたというか、無関心になってきたというか、そういう現象は、わたしたちのような外国人にも感じられます。昔は外人、特に東洋人だというのでジロジロ見られたり、通りがかりに何か言われたりしていましたが、最近ほとんどなくなりました。

32gun3.jpg
この人がハカン・ユルマズ氏です。

「国民はみな自分をトルコ人だと思うべきか」という問いにそうだと答える人はかなり減り、逆に「トルコ国民ということと自分の民族的ルーツに折り合いをつけている」という人が増えていました。

「政教分離は今までどおりの政策で続けるべき」はあまり変わらずに44.7%ですが、「政教分離は続けてほしいが、少しは変わってもいいかも」というリフォーム支持派に少し上昇がありました。

こうしてみると、昔からあまり宗教的でない人はそのままなのに、昔宗教バリバリだった人が今は緩んできていると言う感じですね。

今ダイナミックなのは「保守派」であり、「宗教キライ、ほっかむりキライ」と言っている人は同じ場所で足踏みしている感じがします。そんなことを言って顔を背けている間に、保守層はどんどん変化して新しい「敬虔だけど貧乏でもダサくもない」層が生まれているようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


イーネオヤのふるさと、ナルルハン3 iğne oyanın memleketi Nallıhan 3
 ナルルハンといえばオヤだけではなく、昔からイスタンブルの裏庭としての機能も果たしている野菜の産地です。特にトマトの生産が盛んで、おいしいものがたくさんあります。ナルルハン周辺の村には郷土料理を出す施設がいくつかあります。

karacasu sofrası

ここはカラジャス村の KARACASU KÖY SOFRASIです。ナルルハンから車で2-30分のところにあり、交通機関がないので迎えに来てもらいます。車代は特に請求されませんが、チップを弾みます。これも協同組合に連絡すれば予約できます。Tel: 0312 785 59 35 CEP: 0538 291 16 06 e-posta: naltud@hotmail.com 

季節がよければここでピクニックしながらおいしい郷土料理がをいただけます。
メニューは名物のぶどうの葉のドルマ、Yaprak Sarması, 肉でふたをして焚いたピラフ、kapama pilavı, 土鍋のオーブン焼き、Güveç などなど、いろいろ選べます。

karacasu sofrasi

裏にはトマトやトウガラシの畑があり、いろいろな木が植わっています。例えばこれはくるみの木です。まだ硬くなる前の青い実です。南東部の方ではこれよりちょっと前の状態でジャムを作っています。アルメニアのみやげにもらったこともあるので、アルメニア人も作るようです。

karacasu sofrasi

中で食べる場合は、こんな風になっています。

壁にはこんなシックな飾りが!もちろん端にはイーネオヤがついています。この入れ物は昔木のスプーン入れとして使っていたものだそうです。

karacasu 4

食卓はこんな感じです。今日のスープはタルハナTarhana Çorbasıです。トマトやヨーグルトを混ぜて乾燥させ、粉状にしたものを煮てスープにします。

karacasu sofrasi 6

メインディッシュはお肉の土鍋オーブン焼き、Güveçです。

Karacasu sofrasi 7

もちろん畑でとれたトマトとお野菜も入っています。お肉が柔らかい!

karacasu sofrasi 7

おみやげにYaprak Sarmasiも鍋いっぱいに注文しておきました。会社のおべんとうにします~

さて周辺の森でラズベリーやプルーンなどを採って散策した後は、ナルルハンに帰ります。
まだ見ていないところがありました。それはコジャハン・Kocahanです。

kocahan1

昔の街道筋には必ず隊商宿、キャラバンサライがありました。ナルルハンもアンカラーイスタンブル街道の宿場町でしたから、このコジャハンが建てられました。今はイーネオヤなどのお店になっています。機織機で織った布やその製品も販売しています。

kocahan2

協同組合とは別にHalk Eğitim Merkezi・市民教育センターと言う組織があって、そこでもオヤをつくっています。コジャハンに販売所があります。

他にも主婦たちが起業してがんばっています。これはそんなお店のうちのひとつ、メルヤムさんMeryam Hanımの店です。

meryam1

色合いがシックで日本人好みのがありました!もうsちょっと小ぶりなのがたくさんあるといいんですけどね~

さて、ナルルハンもあまり何回も書くと飽きますからこれくらいにしておきます。
イーネオヤを買いにナルルハンまで行かれない人は、タキシム広場近くのグランドスターホテルで日本人の人がやっているお店にあります。あとはベイオールのペラ・ミュージアム並びのやはり日本人経営の日本ファッション販売店EDOでも販売してますよ!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
blogranking

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


イーネオヤのふるさと、ナルルハン2 iğne oyanın memleketi. Nallıhan
さて、まちおこしに一役かったイーネオヤ・iğne oya ですが、ナルルハンでは2009年に地元女性たちの共同組合 Nal-Etik が発足し、この組合を中心に組織的に生産が行われるようになりました。このおかげで収入の手立てがなかった主婦たちにも、自立の道が開けたのです。

素材となる絹糸も地元で生産されています。ナルルハンはシルクロード上にも位置しており、昔から絹の生産が盛んでした。

kooporatif+292969_4145431085792_1167922480_n[1]_convert_20121001195645

まちの目抜き通りに面した公園の中にある協同組合の建物。昔の民家を利用しています。

kooporatif+2+389914_4145433405850_362920430_n[1]_convert_20121001195915
店内はこんな感じです。少々狭く店員不足ですが、がんばっていろいろ見せてもらいましょう。

oya+2+417354_4145437645956_1592181804_n[2]_convert_20121001200545
こんなのを縫い針で編んでいくんですよ!鈎針より繊細で細かな形が表現できるのもイーネオヤの魅力です。

oya+1+251119_4146272026815_946680945_n[1]_convert_20121001200827
豪華ですね。日本人にはもう少し小ぶりのものもあるといいのですが。。。
でも芸術品として買って、身につけなくてももっておきたくなっちゃいます。

イーネオヤをしばらく物色したら、二日目は最近オープンした民家ホテルに向かいます。
これはナルルハンの自治体が管理しているらしいですが、イーネオヤのふるさとナルルハン1で紹介した文化センターと同じ人がいたりします。結局みんな協同組合関係の人たちがきりもりしているみたいです。

nafiz+bey+konağı+396467_4146332908337_1876557039_n[1]_convert_20121001201431
場所柄ベイパザルの民家に似ていますね。部屋ではなくて部屋と部屋の間の「エイヴァン」と呼ばれる部分が外側に飛び出したタイプです。比較的新しい時代のです、といっても100年はたっているのではないでしょうか。tel:0543 681 8848

部屋はこんな感じです。
nafiz+bey+konağı+2+199533_4146373589354_874889410_n[1]_convert_20121001201759
ちょっと床が斜めになっているのもご愛嬌。民家のお宿にお約束のバスルームはトイレの隣にカーテンなし、シャワー仕切りなしのビショビショ式ですが、これもご愛嬌。サフランボルほどソフィスティケートされていませんが、町の人がみんなでがんばっている感じがよく出ています。こんな鍵ひとつとっても。。。

anahtarnallıhan+046_convert_20121001202303
ちょっとぼけてしまいましたが、中にイーネオヤが入っているんですよ。

とどめはこの激カワカーテンです!
perdenafiz+bey+konağı+3+262898_4146376869436_2133421600_n[1]_convert_20121001202541
いろんな色じゃなくて秋色トーンで統一されているところがセンスいいですね!

ナルルハンのご紹介はまだまだ続きます。

つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
blogranking

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。