トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブルの泥棒とぼったくりバー
泥棒に入られました。。。
トホホです。。。

真昼間にです。

夕方家に帰ってきたらドアが開いていました。
電気をつけたら、ふたつある鍵のとこが壊されて、半分抜かれていました。

まさか、うちに~

と思って中に入ると、リビングの引き出しが全部開けられています。

DVDとかCDしか入ってない引き出しですけど。

机の上にあったラップトップがない!

あと、去年買った娘のフルートが!!!!!

昨年のブログにも書きましたが、中古フルートを東京から埼玉の東松山まで行って
買ってきたものです。

それが一番くやしい~!!!

娘の部屋と私の寝室も引き出しとタンスが全開。
娘が貯めていたこの前のバイラムでもらった小遣いが巾着から抜き取られています。
寝室に金目のものはありませんでしたが、
昔何時間もかかってつくったビーズのアクセサリーがすべて盗られている!
いくらになるってんでしょうか。

バスルームにあった銀のネックレスもありません。
真鍮のネックレスは盗られてません。

すぐ警察を呼んだところ、わりかしすぐきてくれました。

ドアが閉まらないので、近所の人に待機してもらって警察と一緒に
警察署へ。

警察で何を取られたのか調書に書き、サインします。
何かわかったら知らせてくれるとのこと。
後で調査員が来るのでまっててということです。

再び家に帰ったのが6時近くでしたか、なかなか調査員が来ないので、
警察に電話すると、7時過ぎと言われました。

どうやら7時がシフト交代の時間らしいです。

やっとふたり調査員が来まして、荒らされた部屋の写真を撮り、
犯人が触ったと思われるひっくりかしたアクセサリー箱などを新聞紙の上に広げました。

あの刑事ドラマでよく見る黒い粉を刷毛でふり掛けています。

「指紋ないね~ 手袋してるね。」

のひとこと。

もうひとりは家のクロッキーを描いています。
(すごいアバウト。わたしのほうがうまい)

下の娘が保育園から帰ってきていて、作業中
ずっと調査員に話しかけています。

「どろぼうはわるいやつだね! どろぼうが盗んだものを
あたしも盗み返す!」

とか

「どろぼうが来たところみたの?」

とか。

お客さんが来たとばかりにおおはしゃぎで自転車にのってリビングをぐるぐるまわっています。

こっちは怒っているのにうるさくてちゃぶ台ひっくりかえしそうです!

さて、下手なクロッキーと調書にサインし、調査員は帰っていきました。

怒っていたので思いつきませんでしたが、作業の様子を写真に撮っておけばよかった。

鍵が閉まらないので鍵やを呼んでつけてもらいました。
ドアももっといいのに代えることを決心。

彼らが帰ったのでむなしく部屋の片付けです。

するともっとむかつくことが。。。

荒らされた娘の部屋から、空になったアイスの大箱、チョコレートの包み紙、
それに食べていないカビカビになった弁当のサンドイッチがいくつも出てきているではないですか!!!

そっちのほうがむかつきました~

さて、翌日、夜になって警察から電話がかかってきました。

泥棒が捕まったか!?と思ったら、

「うちの署にジャポンがきてるんだけど、あんた、ジャポンだったよね~
何言ってるのかわからないんだけど、ちょっときいてみてくんない?」

あ~?

その日本人に電話を代わってみると、こういうことでした。

ブルーモスクの前で知り合ったトルコ人とタクシーに乗ってバーに行きました。
そこで1,2杯ビールを飲んだところ、8000リラという法外な額を請求されました。
そんなにもっていないので、ないというと、無理やり有り金を取られました。
足りない分は引き出して来いと言われ、バーの人に付き添われてATMへ連れて行かれました。
そこから走って大通りまで逃げました。お店に助けを求めたところ、
警察を呼んでくれて、警察がタクシーをここの警察署に回してくれたんです。。。

しかし、そのバーはおろか、助けを求めたお店の名前もわからないというんです。
「お店では皆さんチャイを飲んでいましたが、食事をしている人もいました」
お茶屋なのか、レストランなのかわからない~

「ブルーモスクからバーに行く途中、タキシムという看板があって、大きなホテルがありました」
「助けを求めた店のところにバス亭がありました。大通りに面していました」

これだけの手がかりで探すのはちょっと~

多分オカマバーとかがあるTarlabaşあたりかなと思いましたが、それなら管轄はBeyoğlu署です。
でも彼が送られてきたのはFeriköy署。

だいたい彼をフェりキョイに送ったポリスはなんで署に知らせてこないんでしょうか。
彼はどこから乗ったのかぜんぜんわかんないんです。

とにかくタルラバシュからジュムフリエット大通りにかけて行ってみたらとアドバイスしました。
近くに行けばわかるというので。

それで何回も電話がかかってきて、やりとりすること数回、
なんとそのぼったくりバーが見つかったんです!

Dolapdereですよ、ラマダ・プラザ・ホテルの裏手です。
ぼったくりはタキシムだけじゃなかった!

電話しながら中に突入して実況中継です。

「ここにいる奴らは君が来たときいたか?」 「いました」
「ほかに誰がいたか?」「5人女性と給仕、支配人らしき人がいました」
「この身分証明書の写真の女か?」「ひとりはいましたが、もうひとりはよくわかりません」
「お金をとった奴はいるか?」「いまここにはいません」

などなど。

「こういうのはわたしは普通お金もらってやってるんですけどね!!!」
と警察に文句言うと、
「オレだって朝の7時から今までずっとこれやってるんだよ!!!薄給で!」
と言い返されてしまいました。
「わたしのフルートも探してよ~」

とにかく彼らはしょっぴかれて調書作成となったらしいですが、
起訴して裁判の結果がでなければお金が返ってくるかどうかはわからないとのこと。
捕まえてもお金は返ってこないんですね。

あ~ 最後に調書に私のサインが要るといいます。
もう夜中の12時です。
いかれないというと、こっちに来るといいます。

結局1時にきて、サインしました。

ああ~これからしょっちゅうフェりキョイ署から電話かかってきたら困る~

被害にあった旅行者は、在イスタンブル総領事館にも知らせましょうね。
そうじゃないと、正式にトルコの警察に取り締まり請求できませんから。

それと、

知らない人についていかないでくださいね!!!!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


イスタンブルからちょっと足をのばして〜温泉とイーネオヤのまち、ギョネン〜gönen〜
イズミルに行く途中、バンドゥルマで途中下車して温泉街ギョネンに行きました。

子供が学校にはいる前は秋とかによく行っていましたが、
学校がやすみのときしか行けなくなってからはすっかりご無沙汰。
夏休みやバイラムのときは、温泉宿が高くなるし、
なにしろ混んでいます。

イスタンブルのYenikapıからBandırmaまでは高速船で2時間ちょっと。
そこからはバスで40分くらいです。

火曜日は大きな市場がたちます。イーネオヤも満載です。

Gönen4
ナルルハンの立体オヤと違って、テーブルセンターなどの平面レースものが多いです。
5枚セットでも100tl以下。

Gönen3
こちらはメキッキ専門。

Gönen5
タオルの端につけるイーネオヤレースです。
嫁入り道具の必需品。

Gönen11
大きなテーブルクロスもあります。

オヤの市の横には衣料品や食料品の市も。安い!

gönen1

この辺りではオクラがよく取れるそう。
オクラ料理が郷土料理です。
Gönen6

村のおばさんたちが、手作りのマカロニや、ヨーグルトとトマトの
乾燥スープ「tarhana」を売りにきています。

Gönen8

チーズの種類もたくさん!
ギョネンのあるバルケスィル県の野鳥天国マンヤス湖のチーズを購入しました。
塩少なめのを注文したのに、けっこう塩辛い。。。
油はすくなめ。

Gönen7

市場の外観はこんな風。

Gönen2

外で売っていたスィミット。
このあたりではこんな長細いのです!
それに25クルシュと激安!

gönen15


ギョネンのオトガルからミニバスで市場に来ましたが、
今度もミニバスで温泉街へ。

Gönen9

温泉街kaplıcalarにはホテルが何件も集まっていて、
その筆頭ホテルがこのユルドゥズ・ホテルです。
普通の日で1泊ダブルが260tl。
ロビーを挟んでとなりにはちょっとお安いパークホテル。
さらに安いイェシルホテル、ギュネシホテルとあります。
ユルドゥズとパークは大風呂がホテル内にあって、
マッサージや赤外線治療が受けられる治療センターが併設。
イェシルとギュネシのことはよく知りませんが、
多分大風呂がなく、キャビンにいちいちお金を払って入るのかも。
詳しくはこちらへお問い合わせを。
www.gonenkapilcalari.com

Gönen14
今日は泊まらないのでキャビンに入ります。
タオル借りてふたりで入ると一人9tl。
キャビンは屋外プールの裏手。
ちなみに屋外プールは温泉ではありません。
病院のような廊下です。

Gönen13暗くてブレブレですが、この浴槽に温泉の湯を溜めて入ります。
シャンプーなどはくれないので持参。

Gönen10
温泉街は緑豊かな大公園になっていて、憩えます

Gönen12
遊歩道での散歩も気持ちいい!
Çay bahçeでお茶飲んでまったりできます。

オトガルはチャイバフチェのすぐ裏。
近くのBoğaziçi lokantasıで野菜料理をたらふく食べて
腹ごしらえです。大皿に好きなだけ盛って、10tl。
gönen16


秋口にゆっくり来たい、近場の温泉地です!


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking


Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


トルコのスイーツ、ウン・ヘルヴァス~Un Helvası~の作り方
バイラムだし、バクラヴァは作れないから
簡単な小麦粉練り菓子、ウン・ヘルヴァスをつくりました。

うちの定番トルコスイーツです。

バターをけっこう使うので、頻繁にはやらないようにしています。

材料

小麦粉 コップ2
バター 250g (トルコだと1パック)
砂糖 うちではコップ7分目 (トルコのレシピだと1杯分)
牛乳 コップ2


深めのフライパンでバターを溶かします。
250gでけっこうな量ですね。
これ食べるのか~と思うとちょっと心配になります。

2
溶けたバターに小麦粉を少しづつ足していきます。
まぜながらやるとこんな風になります。

helva1

しばらく炒り続けているとまとまってきます。
20分ほど続行します。

helva2

3
あらかじめ暖めて砂糖を溶かしておいた牛乳を
少量づつ投入します。

helva4

4
牛乳がすべて吸い取られてなくなったら、
ひとまとめにして火からおろし、
20分ほど寝かせます。
やわらかしっとり目が好きな人は少し早めに火を止めましょう。

helva5

5
20分して荒熱がとれたら、スプーンですくって
形を作ります。
二本のスプーンの間ではさんで、押します。

helva6

6
涙型に整えて、1本のスプーンでもう片方からはがします。

helva7

7
もりつけて出来上がりです。

helva3

キョフテ屋さんのデザートによくあるウンヘルヴァスには
牛乳が入っていないのでもっと濃い色です。
うちは栄養を考えて牛乳でやります。
ひし形に切るところもあります。

あれば松の実を先に炒って練りこんだり、
後からクルミを飾ったりします。

簡単だし、なんとなく和菓子の練りものにも似た味。
マーガリンでやる人が多いですが、
バターがおすすめです。
なにしろ断然風味が違いますよ!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報


大韓航空で日本に帰ってみました。
イスタンブルから日本へ帰国するのに
大韓航空・Korean Airを使ってみました。
というか、本当はエミレーツで帰るつもりだったのが、
出発直前に娘のパスポートが切れていることが発覚(涙)
高いキャンセル料を払って次に安いコリアンエアーへ。
大人は1000ユーロくらいだったかな。
かろうじてTKよりは安い。

イスタンブルを夕方出発なので、
乗って数時間で夜になります。

子供を寝かせるにはよい時間帯。

ソウルまで9時間くらい、
行きは4時間ほど、帰りは2時間ほどの
トランジット・タイムがあります。
ソウルからは2時間ほどなので、
ヨーロッパ経由便に比べて
距離的にも時間的にもロスがないように
感じました。

乗客はほとんど韓国人。
団体さんからは昭和の香りがしてきます。
まだ海外旅行うれしい感じで、
日本人団体のようなシラッと感がない。
初々しい。

機内食ははっきりいって、
韓国人以外のことはあまり考えていない
メニュー。

わたしはビビンバをたのみました。
bibimba
ついてきたコチジャンが美味!
機内販売していたので早速購入。おみやげにしました。
5個セット500円。

機内販売に力を入れているのか、「ミセス」くらいの
厚さのカタログが背もたれに入っていました。
Sulwashooなど韓国ブランドコスメも。

さて、ソウルのインチョン空港です。

inchon

免税品店とカフェがずらーっと並んでいます。
何か活気があって、今上向き中の国と言う感じ。
韓国のり購入。
ばらまきお土産用で10コ入り4ドルでした。
無人島というメーカーなんだな。

airport restaurant
機内食から数時間経過し、
次の機内食まで時間があるので空港内のレストランへ。
日本食やピザもありましたが、
韓国料理へ。

空港があんなに広いのに、なぜかレストラン街は中二階に
押し込まれていて、電灯も暗い。


chige
久しぶりだ~コリアンと思ってチゲを注文。

ところが辛すぎて全部食べられませんでした~
トルコ料理になれてしまって、もうだめなのかな。

fan

空港にはヒマをつぶすものがけっこうあります。
これは伝統工芸体験コーナー。
無料です。
扇に書かれた昔の遊びの風景を塗り絵するだけなんですけど。
子供にやらせてはみだしまくりだったけど、30分くらいは
おとなしくさせられます。

1時間半に一回くらいミニコンサートが催されます。
これはバイオリン四重奏。
みんなが知っている映画音楽や、
ポピュラーなクラシック曲をひいてくれます。

violin

子供プレイエリアでも45分から1時間くらいもちました。
他にも子供がいればですけど。
とにかくひっきりなしに掃除が来ます。

playarea

帰りはハープのアンサンブルでした!
韓国美女ふたりのうっとり演奏です!

[広告] VPS


帰りの機内食は多分チゲでしたね。
ご飯と辛い白菜煮が別々に出てきて
韓国人はぶっかけてマゼマゼしていましたから。
私は行きの教訓から少量しかかけませんでしたが、
十分辛い!
韓国メニュー以外の
ビーフやチキンもなんか韓国味。
娘たちは食べなくておなかがすいたと
騒いだ~
後でおにぎりが出てホーっです。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。