トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリーマーケット&コンサートでまた忙しい週末
先週末もまた忙しかった!

年末はいろいろな催し物があるので、
忙しいですね!

てか、自分で企画して自分で忙しくしてるんですけど。

上の子が行っているイスタンブル日本語補習校で
初の試み、年忘れフリーマーケットを開催しました。

それに出すものを作ったりしていたので、
土曜日以前も忙しかった。。。

フリマ2
これだけのクリスマスクッキーを作るのに、
1,5kgも小麦粉を使いました。バターは700gも。。。

大きいくまちゃんは首が割れやすく、焼きあがったのの半分以上は
だめに!生き残った大きいクマちゃんは、全然売れませんでした。
でも小さいクッキー詰め合わせと、中くらいのクマちゃんは完売。

フリマ1
補習校の保護者が、アクセサリーや食べ物、家の不用品を出店。
楽しい一日でした〜

しかしこの日はこれで終わらない。
疲れて荷物を持って帰ってきたら、
フルートのコンサートへ。

harbiyeのcemal resit reyホールなので、
近くのニシャンタシュで開催されている、
毎年恒例のイルミネーションを見物に行きました。

ニシャンタシュ1
イスタンブル、シシリ区のおしゃれ地区、nişantaşıのabdi ipekçi通り。
今年はトンネルタイプです。
通りのカフェは人でごったがえしています。
カフェの外席に座ったとたん、
鼻持ちならないスノッブさんに変身。
同じ現象は、アジア側のbağdat通りでも起こります。


ニシャンタシュ2
スノッブ中のスノッブ、ちょと横にそれたatiye通り。
去年は高いカフェの間に、安いサーレップ屋の露天が出ていましたけど、
今年はあるかな。

ニシャンタシュ3
門の建物もおしゃれにおめかし。

こういうところに気軽に来れるので、
この辺りに住んでいてよかった!と噛みしめるひとときです。

途中の公園内にあるカフェで食事してからホールへ。
そこのカフェにはこれからコンサートに行く人で賑わっていました。

この日のコンサートはフルートの貴公子、Emanuel pahudと、
ギターの巨匠christian rivetのリサイタル。

ふたりともすごい技術なんですけど、
演目の半分くらいが新しめのテクニック優先の曲で
娘が退屈〜
ヘンデルとバルトークがあったので行ったのですが、
ちょっと専門家向け? お客さんもコンセルヴァトゥワールの
関係者ばっかりという感じでした。

バルトークはトルコの作曲家で音楽研究者のadnan saygınと
アナトリア音楽の共同研究などもしていた、
トルコゆかりのハンガリー人作曲家です。

そのせいか、トルコで行われるコンサートではよく演奏されます。

エマニュエルパフッド
演奏中は撮影禁止なんで、挨拶の写真しかありません。

なんか煮え切らないまま帰路につきました。

今度はもっと派手な素人向きの演目のものに行こう。

< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


先週末はmother&children 展示会に日本人会冬行事と目白押しで忙しかった。。。
先週土曜日は激忙しかったです。

ヒルトンホテル横のイスタンブル・コングレ・センターで12月13,14,15日、
anne çocuk fuarı, マザーとキッズの展示会が行われ、
わたくしもオリガミ・インストラクターとして、
大手新聞のhürriyet紙のファミリー向けブースで参加。
日頃の折り紙の活動が買われたわけですね!

fuar5
これがhürriyet aileのブース。

fuar4
会場はこんな感じ。

fuar1
思ったより小さい子供の参加者が多くて、
ほとんど私がやってあげている感じ。
一人アシスタントをつけてくれたので、
結構楽です。
三段重ねのツリーと、ハートの両面張りで
クリスマス・オーナメント作りです。
折るのは簡単ですけど、紙を用意するのが大変でした。。。

fuar9
出来上がりはこんな風。
結構かわいいです!

fuar7
会場ではşirin babaのショーをやっていました。
これ、日本ではなんていうんでしたっけ?スマーフィー?
入場には料金がかかるんですけど、
出展者のIDで、下の子も連れてきちゃいました。
上の子に連れてこさせましたが、ブーブー言って、
なかなか妹を会場巡りに連れて行ってくれない。
思春期で反抗期?

fuar8
トゥウィーティーもダンスしてました。

fuar2
日本のオムツのブースがありました!
なんかちょっと地味?

fuar3
華々しいのはモルフィックスのブースでした。
プレイコーナーや、巨大オムツの模型も!
試供品もあげほうだい。

最大手のプリマはe-bebekというインターネットのベビー用品サイトと
タイアップして、プレゼントくじ引きなどやっていました。

さて〜

今年は補習校の運営委員長もやっているし、
10年ぶりに日本人会の冬行事に参加しようと思ったら、
この展示会の折り紙の日と同じ日でしたんで、
急いで帰って支度です。

今年の会場はマルマラホテルでした。

nihonjinkai4
海苔巻きとローストビーフ。
なんか奇妙な取り合わせ?

nihonjinkai5
のり巻きはイマイチだったかな〜
ローストビーフは美味でした。
一番おいしかったのは、デザートのマカロンでしたけど、
写真撮るの忘れました。

日本人会2
各社の駐在員の方々で結成されたバンドが登場。
ノリノリの80年ー90年代ヒットソングを熱唱、というか、
絶叫というか。
きっと30代全般の人たちは知らない曲かも。。。。
生おけ状態です。
久しぶりにハメを外した日本の世界を垣間見ました。。。

日本人会1
さあ、待ってた抽選会です。
今年は6割の人に当たるときいていたので、
100TLも払って参加したんですよ!

nihonjinkai1
ところが! 虚しく私の番号は読み上げられないまま閉会へ。。。

ちなみに1等賞はetihadの日本往復航空券。
駐在員のご子息に当たっていました。
その他、ホテルの食事券やら、宿泊券、カッパドキア旅行、
日本食屋さんの食事券、日本米、日本酒、
日本人回法人会員、味の素詰め合わせ、資生堂の化粧品、
日清のインスタントマカロニ1年分、ソニーのデジカメ、
ダイキンの空気清浄機、などなど。

一番しょぼいものさえ当たりませんでした。
宝くじと一緒で、毎回出てないとダメなんですかね。

nihonjinkai8
何も当たらなかった人への残念賞は、
トルコブランドchakraのコットンとバンブー繊維のやわらかタオルでした。
一番しょぼい景品よりは良かったかな〜


< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


イスタンブル金曜市の帰りはウイグル料理
娘の高校が自由服になってしまったので、
ときどきイスタンブル旧市街Fındıkzadeの金曜市cuma pazarıに行って、服を調達します。

トラムのfındıkzadeで降りると、通りでパザルがやっているのが見えます。

Pazar1
午前中から行けば人出はこのくらい。
午後になると混んできてゆっくり見れません。

Pazar2
大胆なディプレイ。
ここジーンズは10TLでした。
娘用に1本購入。

Pazar3
フェイク天国トルコ。
これだけ吊るすのにどれだけ時間かかるんでしょうか。
うちの娘はニセモノのロゴ入りを嫌がるので買いません。
しかし巷にGAPのスウェットきている人が増えましたが、
ほとんどパザルでしょうか?

Pazar4
お子様の厚手タイツもパザルに限る!
1本2,5TL。
しかし商品がこれだけ並べられていると、人間の購買意欲ってグーンとUPします!

Pazar5
巨大パンツも!
写真だと巨大さがわかりませんね。
片足のほうだけで、普通の日本人は両足はいりそう。

pazar9
この日、一番可愛かったのがこのスウェット。
10TLデスよ!
これもニセモノなのかな。dwも娘が知らないブランドならOK。

Pazar6
ここのパザル、服が多いのでわざわざ来ますが、
小さいパザルだとこのように食料品だけです。
ここはオリーブの種類がたくさん。

Pazar7
この芸術的な並べ方をみてください!

Pazar8
ここなんか、ほうれん草をひと束ひと束重ねています。
建築のよう!

Goralı
さて、人がごった返してくる昼過ぎまでに買い物を終え、昼ごはんです。
さっさと軽く済ませたい人はこのgoralıのゴラル(ポテトサラダ入りホットサンド)を。
確か5リラ以下だったかな。
トルコのグルメ評論家、Vedat miroğlu も紹介していて有名になりました

Yuksel2
時間があったら、トラム通り沿いのウイグル料理レストラン、yükselへ。
Haseki病院の方へ進むとあります。

Yuksel1
ウイグルうどんのlagmanが、歯ごたえあって美味しい!
すごい量なんですけど、9TLとお安い。
何故かサラダはバカだかい。

Yuksel3
こちらはでんぷんベースのlanpu。
ところてんの原型みたい。

ひとつ注意しなくてはいけないのは、ウイグル人はとても敬虔なイスラム教徒なので、
コックが昼に金曜礼拝に行ってしまうということです!
私たちも1時間近くまってました。
どこのウイグル料理屋にも魔法瓶に入った無料のお茶が置いてあるので、
それで間を持たせます。
金曜昼の集団礼拝の時間は避けましょう。

Huzur
もっと隠れ家的なところがいいわ、という場合は、
さらにaksarayの方に進み、ISKIの裏にあるHuzurというレストランもあります。

しかしイスタンブルにはウイグル人人口が多いんですね!
どのレストランも彼らでいっぱい。
団体ウイグル人観光客もけっこうきてます。

ウイグルうどん、Lagman(lagmen)は、しこしこしてて本当に美味しい。
みなさんも試してみてください。

< style="font-size:x-small;">
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。