トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オズゲジャン殺人事件に思うこと
ozge1

2月11日からメルスィン県タルスス郡で行方不明になっていた、
女子大生オズゲジャン・アスランさんが、
13日に焼死体で発見されました。

犯人はオズゲさんが乗ったミニバスの運転手でした。

供述では、
夜の8時ごろひとりで乗ってきて、
メルスィンへ急いでいたので、
他に客もいなかったので、
100TLで直接行こうと言ったら同意したにもかかわらず、
高速道路に乗ったら、
なぜ道を変えるのかと怒り、
持っていたトウガラシガスを撒いて殴ってきたので、
ナイフで刺した、ということでした。

遺体をどうしようか困ったので、
友人を呼び出しましたが、
そのときはまだ息があったのに、
首を刺してとどめを刺したと供述したようです。

乱闘の際に顔をひっかかれたので、
爪に自分のDNAが残っていると思い、
手首も切って、
ガソリンを撒いて焼いた。

ということです。

しかし、
死体遺棄を手伝った友人の供述とは食い違っていました。

レイプしようとして抵抗されたので殺したとも言われています。

女学生がそんなことでガスを撒くはずがないし、
ガスは危ない目に遭ったときのために
持っていたのだと思います。

この事件はトルコで大きく取り上げられ、
各地で抗議デモが行われました。
今日も続いています。

ozge2

ミニバスで最後ひとりになってしまって、
レイプされたという話はきいたことがあります。

そうでなくてもトルコではレイプは社会的に重罪と見られていない節があります。

というか、女性が非常に軽んじられている。

少女婚もいまだに続いているし、

毎日のように夫や恋人に殺されている女性がいます。

雪崩のように起こった抗議デモは、
「もういいかげんにしろ!」
のに表現です。

EUに準じるため、一度廃止された死刑制度を
復活させようという声も上がっています。

世界的な調査会社Biemetの調査によると、

2014年に男性に殺害された女性は281人に上っており、
前年に比べて3割も増加しています。

そのうち、夫や離婚した元夫に殺されたのが46%、恋人が10%でした。

また、刑事訴訟になったレイプが109件報告されています。
この数はほんの氷山の一角です。
レイプの犠牲者の3人に一人は12-17歳の少女たち。
13%がツーリストや移民、
恐ろしいことに4.5%が障害者です。

保護する人がいなかったり、言葉が不自由だったりする女性を狙う、
恐ろしく卑劣な行為です。

男性の暴力による傷害も報告されているだけで560件。

こういった犯罪を犯しても、数年で出てきてしまうのです。
最初は長い刑が下されても、
服役してからなぜが刑が「品行方正」が理由で割引されてしまうのです。
無期懲役になっても、10年やそこらで出てきてしまうことがあります。
「恩赦」が出たこともありました。
それで出てきた男はまた殺人やレイプをしました。

ディヤルバクルで日本人ツーリストをレイプ(未遂?)した犯人も、
公判中の真面目な態度、後悔しているなどの理由で、
たったの2年半の実刑判決、
しかも執行猶予つきで刑務所に入りませんでした。

妻に暴力をふるった夫も、
実刑判決を受けても5年は執行猶予がつきもので、
その間に殺してしまうことが多いのです。

近親者にレイプされ、それがばれると女性のほうが殺されてしまう、
というしきたりがまだ続いている地方もあります。

レイプされると、
「お前が誘ったんだろう」
と逆に責められたり、
「ミニスカートなんかはいてるからだ」
と、同じ女性なのに怒る女性もいます。

それでは女性はひとりで外を歩くな、
好きな恰好をするな、
ということです。

化粧をしたり、ミニスカートをはいている女性は
レイプしてもいい、
と思っている男性がいます。
というか、自分でも気づいてないかもしれませんが、
多くのトルコ人男性の潜在意識にあるような気がします。
(もちろん実際に行動に移す人はほとんどいませんが)

それに、私たち外国人女性。
守ってくれる家族がいない独身の外国人女性は、
恰好の標的です。
そういう女性にはハラスメントをしてもいい、
という潜在意識を持っているトルコ人男性が多いように思います。
夫がいるとわかったとたんに態度が変わる男性がいます。

ヨーロッパでは1度でも性的犯罪を犯した男性は、
刑期を終えても性欲をなくす薬を投与したりする
国があるそうです。

お願いだから、悪質な殺人犯には刑の割引をしたりして、
甘やかさないでもらいたいです。

政府に都合が悪い事件の裁判は、
事件が起こった地方から遠くの
場所の裁判所に移し、
何度も延期し、
世論から忘れられるように仕向ける。
それもいつもの手です。

ozge3
オズゲジャンのお父さんは「犯人の処罰は法に委ねます」と言っています。
いつも重犯罪者に刑の割引をしている
トルコの司法へ呼びかけているようにも聞こえます。
右は女性の駆け込み寺、「Mor Çatı」の会長。

トルコは寛容の国ですが、
ゆるしていことと悪いことがある。

そこのところをはき違えていると、
いつまでたっても先進的な立法国家にはなれないのでは?


< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


冬休み旅行1パムッカレ
冬休みにパムッカレに行きました。
pamukkale12


パムッカレというか、その周辺旅行です。

私が考えたコースは、
1日目:パムッカレの石灰棚、ヒエラポリス
2日目:ナズィッリ木曜市、アルパズ村、アフロディスィアス
3日目:ブルダン、カラハユット
4日目:ラオディケア、デニズリ
です。

溜まったマイルでデニズリへのフライトチケットをGET.

デニズリの空港からは乗換えさせられますが、
パムッカレまでBay-Turという会社のシャトルバスがあります。
けど、もう人家族参加したし、
次の日のスケジュールも押せ押せなので、
このBay-Tur社で空港出迎えと
次の日ミニバスをチャーターしました。

Booking.comできれいそうな
White Heavenというちょっと赤面してしまうかな、
という名前のホテルを予約。

pamukkale a
 
日本人の方が経営しているところがあるとかききましたが、
どれだかわからないし、
3週間前ですでに満室になっているところがちらほらあったので、
とりあえずここ。

お部屋きれいでしたよ。

でも湯沸かし器なし。

3泊でこのお部屋390TLだったからしょうがないか。

とりあえず石灰棚へ。

わたしは20年前と10年前に行ったことありますけど、
子供たちは初めて。

20年前の石灰棚は、
それはそれはキレイに棚になっていました。
10年前、それは雪崩みたいな感じに変化してましたけど、
初めて行く人は感動してました。
今回どうなっているかな。

ホテルから行くと南側の入り口が近い。
ミュージアム・カードを持っているのでフリーです。
ここの窓口でも買えます。
同じ博物館に2回までしか入れないのが40TL,
何回でも入れるのが50TL.
でもこれはトルコ人と、滞在許可証を持っている外国人だけかも。
まったくの観光客は、もっと高い様子。
子供たちはトルコの学生なので無料。

さて、ここで裸足にならなければいけない模様。
幸い雪も雨も降っていなかったけど、
真冬ですよ。
流れてくる温泉水はすっかり冷えて水になっている。

pamukkale2

でもしかたありません。

濡れた石灰の地面は冷え冷え~

サンダルもだめみたいだから、
靴下のまま入って、
あとで持参した代え靴下に履き替えるのが利口かも。

でもそんなこと知らないからしょうがなく裸足です。

下の娘は転んでズボンがビショビショ。

上の方へ上がっていくと水が多少生ぬるくなってきます。

上方には多少棚らしきものが。

pamukkale4

頂上まで行くと、温泉の水源があります。
そこは湯であったかい。

pamukkale5

韓国人ばっかりいました。
日本人は皆無。
というか西洋人もほとんどいなくて韓国人だけ。

もっと先にも石灰棚があったはずですが、
冬のせいか水が流れていなくてカラカラ。
ポスターになっているようなくっきりした石灰棚は
やっぱりもう過去のものなんでしょか。
それとも夏の混み合う時期には湯を流すのかな。

それでも初めて見る子供たちは珍しいらしく、
けっこう満足していました。

パムッカレの見どころは石灰棚だけではありません。
世界遺産のヒエラポリスの古代遺跡があります。

紀元前3世紀から紀元後7世紀まで栄えた
ローマ帝国の大都市です。

パムッカレはエーゲ地方のデニズリ県に属しますが、
この県ととなりのアイドゥン県を通る小メンデレス川は、
セルチュク平野をうねりながら流れ、
その流域には数々の古代都市がありました。
エーゲ海に注ぐこの川の下流には、
あのエフェス古代都市があります。
そこから様々な農産物を船に積んでいたのです。

pamukkale13
都市へ入る門が残っています。
ここは温泉地ですから、
「テルマエ・ロマエ」のハドリアヌス帝の時代、
ローマの平和、パックス・ロマーナの2世紀にも
栄えてました。

pamukkale11
150年も建設がダラダラ続いたという劇場。
206年にやっと完成したそうです。
舞台の部分がわりかしよく残っています。

pamukkale c
アポロ神殿跡。

pamukkale15
フロンティヌス大通りの入り口門。

入り口となりには、古代のオリーブオイル絞り機が。
pamukkale14


pamukkale10

遺跡が沈んでいる温泉プールです。
中に入るには別料金で32TLもする。

もちろん入りませんでしたけど。
入ってるのはなんか男ばっかり。

野外博物館内、ここだけにカフェがありましたけど、
冬のせいか、
メニューに書いてあるものほとんどない。
おなかスキスキでしたけど、
他にないからしょうがなくトースト食べました。
ちょっとお高い。

pamukkale b

プールの前にはデニズリ名物の雄鶏が。
なんでも、一回ですごく長く声をだせるとか。

pamukkale6
こちらは博物館です。
もとは大ハマムでした。

pamukkale8

pamukkale7


端から端まで行くと2,3㎞はあると思われるので、
相当歩きましたね。
6歳の下の娘も文句も言わずついてきました。

朝6時半のフライトで来たからヘトヘト。
面倒なのでホテルで夕食をとることにして次の日の
ハードスケジュールに備えます!

< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


イスタンブルのギリシャ総領事館でクラシック・コンサート
タキシム広場から伸びる歩行者天国、
イスティクラル大通り上に位置するギリシャ領事館付の
文化センター、Sismanoglio Megaroでは、
イスタンブル・シンフォニー協会月2回ほど
クラシックコンサートが催されています。

sismanoglio1

Sismanoglio Megaroとは、トルコ語が分かる方には
ピンとくると思いますが、
Şişmanoğluですね。トルコ人の名前みたいです。
この邸宅は、もとはカッパドキア方面にいたルム
(ギリシャ系住民)コンスタンチノス・シシマンオウル氏の
所有だったものです。

1909年にコンスタンティノス氏の父親が
建てた優雅な邸宅は、
1939年、第2次世界大戦の最中にギリシャ政府に寄贈されました。
sismanoglio3

シシマンオウル一族がその後
ギリシャで病院を建てたりしているところを見ると、
第2次世界大戦に参戦しなかったトルコが
財政難をしのぐために非ムスリムに課した
「資産税」の重圧に耐えかねてか、
ギリシャへ移住したのだと思います。
1923,4年の住民交換
(ローザンヌ条約で決められたギリシャ領のトルコ系住民と
トルコ領のルムを交換する取り決め)
の際に150万人ほどのルムがギリシャ領へ去りましたが、
イスタンブル地域はその範囲に入っていなかったので、
かなりの数のルムが残っていました。
ところが第2次世界大戦中の資産税の導入、
その後1974年のキプロス危機など、
ギリシャとの関係が悪化すると次々に去っていきました。
今ではルムはもう数えるほどしか残っていないそうです。

sismanoglio2

話を元に戻しますが、
今はギリシャ総領事館の文化センターになっている
Sismanoglio Megaroですが、
クラシックコンサートが催されていると、
友人が知らせてくれて、
早速出かけました。
İstanbul Senfeni Derneiイスタンブル・シンフォニー協会という
クラシック音楽愛好会が主催です。
Stainways & sonsの、クラシックなグランドピアノもあって、
音楽会にはばっちりの空間!

sismaoglio5

sismanoglio6
ピアノはSteinway&Sonsのアンティーク?

sismanoglio10

初めて出かけた日はみぞれ混じりの雪が降り、
極寒の日だったので、中止にならないか心配しましたが、
開催する模様。
150人収容のお部屋に30人ほどしか来ていませんでしたが、
それでも演奏は決行です。
Sila Gerbağ さん、Ayşen Pancarcıさんという
フルーティストが出演。
フルートのデュエットが楽しみで来ましたが、
モーツァルトのモーツァルト/2台のピアノ・ソナタ ニ長調を、
フルートデュエットで、
ものすごく近くで聴けて幸せ!
フルートって、デュエットだとますますうっとりする音色です!

sismanoglio7

sismanoglio8
ピアノの方、まるで日本人みたいですね。
一緒に行った友人が思わず日本語で話しかけてしまいました。。。

別の日にチャイコフスキーやガーシュウィンをやるというので
出かけましたよ、娘たち連れて。
今回は満員で、食べ物もあった!
長く会っていなかった知り合いに偶然会ったりして、
うれしい日でした。
サムスンのコンセルヴァトゥワールを卒業した
Seyhan Bulutさんがフルーティスト、バイオリンのCanan Cihangir さん、
アゼルバイジャン出身のOlgaHasanoğlu さん、
打楽器のHasan BulutはSeyhanさんのご兄弟か、ご主人でしょうか、
といった演奏家の方々が出演です。
チャイコのロマンス、ガーシュウィンのラプロディ・イン・ブルー、
モンティのチャルダッシュといったテンポの速い曲で盛り上がりました。
トルコ人作曲家のタンゴ風の曲も。

トルコでは、こういった演奏が聴ける機会が日本ほど多くないので、
アンテナを張り巡らせて情報収集しないと。

イベント情報はこちら:https://www.facebook.com/sismanogliomegaro?fref=ts



< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


[続きを読む]

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


高谷一美さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
トルコ在住の取材コーディネーター、
高谷一美さんが1月29日、
トルコとシリアの国境近くのアクチャカレで
「イスラム国」に捕らわれた人質の取材中に
交通事故に遭われ、
お亡くなりになりました。

私は彼女が独身の時からの知り合いでしたが、
最近はテレビなどメディアのお仕事が忙しく、
ほとんど会う機会がありませんでした。
それでも先月は補習校のお餅つきにもいらっしゃっていて
お見かけしたので、
そのあとすぐこんなことになって、
大ショックです。

ご主人もいつも一美さんのサポートをしてらして、
ご夫婦でとても息が合っているんだなあと思っていました。
残されたご家族のことを思うと、
いたたまれません。

昨日、イスタンブルでお別れ会がありましたが、
私は行くことができずとても心残りです。
日本の葬儀にも参列できませんが、
トルコが好きでずっとこちらにいらした彼女の魂は、
きっとトルコにも残っていると思います。

今回のことで、
人間いつ何時、何が起こるのかわからないと実感しました。
今生きていることに感謝し、
毎日を精一杯生きなければなりません。

一美さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。