トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仕事の合間に超短時間イズミル観光

しごとでイズミルに行きました。

ある工場のTPM活動の通訳です。
TPMとはTotal Production management
日本から生まれた生産全体の改善体質づくりです。

しかし、人使いの荒い工場でした。。。
朝は8時から夕方6時半までみっちり。
しかも工場は暑くてうるさくてすごい疲れました。

二日目はちょっと早く終わったので、
日本からの専門家をご案内。
何度もイズミルに来ているのに、
一度も観光できたことがなくてかわいそうでした。

まずは海岸通りのKonak広場へ。

広場裏の駐車場近くにはイズミルのバレエ・オペラ劇場があります。

izmir4


20世紀初頭のトルコ国民建築と、トルコ・イスラムのネオ・クラシックを
ドッキングさせたような、エキゾチックな建築です。
建築家はTahsin Selametという人ですが、
トルコリラ札の裏にもある建築家Kemaleddin Beyや、
イスタンブル、スィルケジの中央郵便局を設計した
国民建築時代の代表、Vedat Tekと同時代に活躍していた人ですから、
伝統的なタイルやドーム、曲線の使い方が似ていますね。

イズミルは、ギリシャ軍に焼打ちにされたから、
けっこう20世紀初頭に建てられた国民建築が多いのです。

さて、コナック広場ですが、
地下道路を整備してからわたしも来たことがなかった。
船着場近くの海岸通り。

izmir22

地下道にして道路が下にもぐったので、
上は遊歩道になっていてみんなくつろいでいました。
市役所前は芝を植えるので大忙し。
izmir23

Konak広場には、ドルマバフチェ宮殿の建築家と同じ、
バルヤン一族が設計した時計台があります。
まちのシンボルです。

izmir21

その後ろ側にあるモスクのとなりに、
トルコ解放戦争のときに、イズミルを占領したギリシャ軍に
最初に発砲して抵抗したHasan Tahsinの慰霊碑があったのに、
写真を撮るのを忘れました!!!

それからkemeraltıバザールへ。
izmir26

この通りはアタがチャナッカレで活躍した
Anafaltalar通りという名前がついているんですよね。
イスタンブルで言うとMahmutpaşa のようなところ。
平日だというのにすごい人ごみです。

İzmirにはトルコ共和国成立以前は
Rum(ギリシャ正教徒)が多く住んでいました。
彼らはほとんど商人でしたから、このあたりも
Rumの商館が並んでいたんでしょうね。
その名残の建物があちこちに残っています。

izmir28

izmir17

Erik(すもも)の初物が出ていました。
トルコ人はまだ青くて固いのが好き。

izmir28

Macun屋が通ります。いろんなハーブが入った水あめです。
この辺りをうろうろしていたんで、何回も遭遇してしまいました。

izmir24

これはİzmir周辺名物のBoyoz. ユダヤ人のパンです。
İzmirにはけっこうユダヤ人人口がいます。

izmir27

なぜかこのバザールにはトルココーヒー店が多い。
人だかりがしていて流行っていそうなコーヒー屋で
ご近所さんのお土産を買います。

izmir30

こういう商店街の店の上にモスクが建っているのを見ると、
イスタンブル・マフムットパシャのRüstem Paşa Camiiを思い出します。
まさに、商店街のための礼拝場所ですね。

Kemeraltı Çarşısıをずっと行くと、
こちらはイズミルのグランドバザールとも言えるかな、
Kızlar Ağası Bazaarです。

izmir14

グランドバザールのように大きな建物の中に
多くの店が並んでいます。

izmir15

アタ好きの友人のために発見したアタ栓抜きを購入!


izmir31

Hisar Camiiの前、Hisar Önüには、立ち食いに毛が生えたような、
屋台風のケバブ屋がたくさん。
こういうところが東南アジアっぽい。
その中のひとつで腹ごしらえします。

izmir2

これから夜の飛行機でイスタンブルに帰るので。
チャイも飲んでこれでひとり13TL。

たった2時間でしたが、これだけ回れて
日本からのお客さんは大満足なさった様子。
なにしろメキシコ、アメリカの次にトルコに来さされて、
観光は今まで一切なかったそうですから。。。


そう、そう、満足と言えば、
人使いの荒い工場の人が、前の日の夕食にいいところに
連れて行ってくれたんですよ、こき使ったお詫びかな。
わたしも10年くらい行ってなかったけど、
変わっていなかった、イズミルのAsansör。

izmir6

アサンソルというのは、「エレベーター」という意味で、
本当にエレベーターがあるんですよ。
このあたりは古いユダヤ人街で、このエレベーターを作ったのも、
ユダヤ人の裕福な商人だったそう。

izmir7

このアサンソルの前の通りには、
世界的に有名な(?昔のことのようなんで私は知りませんが)
Dario Morenoというユダヤ人歌手が住んでいたそうで、
ダリオ・モレノ通りと名付けられています。

エレベータに乗ると彼の歌が流れます。
最初は誰かの携帯着信音かと思った。

izmir12

エレベーターの上には市役所経営のカフェとレストランが。
名前も昔と変わっていませんでした。Cenevizです。

izmir8

イズミルの湾と対岸のKarşıyakaが一望できます。

izmir10

コース料理しかないということでしたが、
私たちが行くと、40代後半くらいの女性たちが
集っていました。すごく楽しそう。同窓会かな。


izmir11

コース料理は量がすごく多い。
これで前菜。

izmir9

日が暮れてきてよい感じ。
市役所経営なのに、お酒があるのもCHPのイズミルならではですね。

最近買ったSonyのExperiaSPで撮りましたけど、
今まで使ってたIPADより暗くてもよく撮れます!

次回時間が空いたらKadifekaleの城塞に案内してあげたいですけど、
なにしろ工場が忙しいから
時間をつくるのは無理そうですかね。。。


< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント
ご愛読ありがとうございます。
ご愛読ありがとうございます。
イズミルをはじめとしたエーゲ海地方は、第一次世界大戦後にギリシャ軍に占領され、だいたい大戦中から協商国側に味方をするルムたちがトルコ人を弾圧していましたから、逆なのではないかと思います。ギリシャ軍が来たら一緒になってトルコ人の村を焼打ちにしたりしていましたから。だからアタテュルクの国民軍がイズミルに迫ってきたとき、イズミルの海岸を焼打ちにして逃げていったのです。だいたい大戦中も黒海地方のルムが、昔のポントス王国の復活を夢見て反乱を起こしていたので、当時パシャだったアタテュルクがその制圧の命を受けてサムスンに行ったのです。(結果的にはその命に背いて、国民闘争を始めたのですが)大戦前に政権を握っていた統一と進歩党は、東部を占領したロシア軍に迎合するアルメニア人を南東部やレバノンまで徒歩で強制移住させて、その間に大量の死者を出しましたが、(または虐殺したと言われていますが)エーゲ海地方では圧倒的にトルコ人のほうがルムに殺されていたはずです。その後結ばれたローザンヌ条約では住民交換という、アナトリアのルムとギリシャ領土にいるイスラム教徒を交換する条約が結ばれ、ルムはみんなギリシャへ行ってしまいました。けれども、ギリシャに行ったルムたちは仲間外れにされて、いつも故郷をなつかしんで、自分たちの住む地区に故郷の名前を付けたりしています。一昔前までは、昔住んでいた村を訪れるルムがけっこういたそうです。それとは逆に、バルカンにいたトルコ人は、だいたいバルカン戦争あたりから虐殺にあって、命からがらオスマン帝国領内に逃げてきていました。
ちょっとトルコをひいき目にみているかもしれませんけど、大戦と解放戦争を合わせても、被害をこうむっていたのはルムよりもトルコ人のほうと思います。
このあたりはわたしの非常に興味がある部分なので、つい長く書いてしまいました。おせっかいなおばさんのたわごとと思って、許してください。
[2014/04/14 16:56] URL | masalgibi #mQop/nM. [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[2014/06/06 03:21] URL | 履歴書の書き方の見本 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/100-035f5862



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。