トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チューリップ・フェスティバル中のフディブ・カスルHıdiv Kasrı
イスタンブルでは今月30日まで
チューリップ・フェスティバルが開催されています。

チューリップというとオランダのイメージですが、
実は原産地はトルコとイランの国境あたりらしいです。
オスマン時代の細密画やタイルのデザインにもよく登場します。

開催っていうと、なにか催し物があるみたいですけど、
ただ単にまちにチューリップがたくさん植えられているってだけなんですけど。

旧市街ではギュルハネ公園、
新市街ではベシクタシ先のユルドゥズ公園、
ボスフォラスのエミルギャン公園など、
イスタンブル市民の憩いの場所で
美しいチューリップを鑑賞することができます。

hıdiv21

これはスマホじゃなくて一眼レフで撮ったからちょっとキレイでしょう。

さて、ワタシはアジア側に住む友人に誘われ、
ボスフォラス海峡北のBeykozの上方にある
Hıdiv Kasrıーフディブ・カスルという、
昔のお屋敷を利用したカフェレストランへ行きました。

hıdiv1
Hıdivというのは、昔オスマン帝国にエジプトが属していたころ、
エジプト知事っていうか、提督というんですか、
そういう地位のことを指していまして、
この屋敷は最後のエジプト提督だった
アッバース・ヒルミ・パシャのもので、
1903年に建てられました。
オスマン朝にはヨーロッパからちと遅れて
アール・ヌーボーが入ってきましたから、
当時はイスタンブルはアール・ヌーボーの全盛期。
この屋敷もその特徴をよく表していますが、
外観はどちらかというとアール・デコも入っているかな。
象徴的な塔を配して
提督らしい威厳をも兼ね備えたデザインになっています。

ちょっと時代違いますけど、目黒駅近くの旧朝霞宮邸を利用した
東京都庭園博物館てありますよね、あれがレストランになっていると
思ってください。あそこはアール・デコですけど。
ああ、あそこ、わたしが日本に住んでいた時は憩いの場所でした。。。

hıdiv24

内部もモザイクがあったりして、
非常に装飾的です。内部のほうがアール・ヌーボーの
特徴をよく表していて、曲線使いが美しい。

しかし人気なのは外の席です。
なにしろボスフォラス海峡が見渡せる、一等地です。

hıdiv10

お天気もよかったので、11時に行ってももう人がいっぱいでした。

hıdiv8
ここは結婚写真を撮るメッカ。
何組も撮影に押し寄せていました。

hıdiv16

昨年「お金使い過ぎ」とたたかれたせいか、
市役所がケチって今年はチューリップちと控えめ。
他の花もけっこうあります。

hıdiv14

hıdiv20

先週行った人が、今週が見ごろじゃないかと言っていたのに、
もう半分くらい散っていて、写真とるのに苦労しました。

hıdiv19

hıdiv18

なんとか写真を撮れるチューリップを探して
鑑賞してから次はオープンビュッフェです!
ここは昔、Turing(トルコ自動車協会)の
Çelik Gülersoyという人が、修復してレストランにしたのですが、
今はBelturというイスタンブル市役所の経営なので、
お酒はない~(というか、ブランチで飲まないけどね)
Çelik Gülersoyは他にもアヤソフィア・ペンションなど
老朽化した文化遺産を修復して観光施設にしてきた
功績がある方です。残念ながらもう亡くなっています。

hıdiv7

ソーセージ、ボレッキ、卵料理などがズラリ!

hıdiv6
果物を煮詰めてつくるペクメズというシロップからできているパスティルに、
ナッツが入った変わったおやつとか、干しアンズやケーキ各種。

hıdiv3
定番のトマト、きゅうり、オリーブももちろんあります。
チーズも各種。

公園もあるから、子供も遊べるし、
空気もきれいで憩いの場です。

オープンビュッフェのブランチは午後1時までで、
ひとり28,5TL。
しかし自己申告制なので、食い逃げする人がいると思うなあ~



< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/101-159e782d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。