トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秘境ケマリエの旅
kemaliye29

ケマリエーKemaliyeというこの町の名は、
アタテュルクの「ムスタファ・ケマル」の名をとって、
共和国以降につけられたもので、
もとは、「Eğin-エイン」という名でした。
見渡す限りの岩山の山間に、ユーフラテス川河畔に位置する、
現在は人口2千人ほどの小さなまちです。
農業も牧畜もなく、昔から収入はイスタンブルからの
出稼ぎ収入に頼ってきました。

kemaliye5

町全体に山頂のカルデラ湖からの水が流れ、
独自の形態の民家が残っていることから、
最近は観光が誘致されています。
kemaliye22

ワタシがこの町の存在を知ったのは、
多分もう何年も前の
トルコ航空の機内誌Skylifeからだったと思います。
民家には目がありませんから、
ケマリエの民家の独自のドアノッカーを見て、
いつか行きたいなと思っていました。

それが今回のツアーで実現しました。
こんなところまでツアーが実施されるとはね。
最近は通なツアーが増えたものです。

エラズーの空港から行きましたけど、
空港から程なく、昔の中心地ハルプットへ。
ハルプットの丘の上から現在人口30万人ほどの
エラズーの町が一望できます。
kemaliye10

ケマリエ自体はエルズィンジャン県にありますが、
湖のまちエラズーから行くと、こんなところも
通ります。
マスの養殖場です。
ÇırÇır Şelalesiという人口の滝です。
kemaliye1

kemaliye2
とにかく安い〜
これで9リラです!

スィヴァス県の方に入りますと、アレヴィーの村もあります。
Aleviはイスラム教でも預言者アリを心棒する一派で、
トルコで一般的なスンニ派とは異なる一派です。
普通のモスクでの礼拝はせず、断食月に断食もしません。
Cem eviという集会所で集会をします。
これでイスラム教なのかしら、という感じなんで、
異端とされて弾圧されることもあります。

kemaliye3
アレヴィーの村へ行く道頭にヤギの乳のアイスクリーム屋がありました。
1リラ!

これがアレヴィーの村、Ocak Köyーオジャック・キョイの博物館

kemaliye4

図書館や宿舎もあるんですが、
普段の村の人口は50人くらいしかいないそうですが、
これみんな都会に行った人たちの寄付なんですね。

銅像はアレヴィーの吟遊詩人フドゥル・スルタン・アブダールです。

実はこのツアーの参加者もほとんどアレヴィーでした。

さて、ホテルはユーフラテス川のほとりでした!
kemaliye20


まちに数件しかないホテルのうちのひとつ、
BozkurtホテルとこのYeşilEğin ホテルは同じオーナー。

夜はまちの若者が集う唯一の場所、文化センターで民謡の夕べです。

kemaliye16

バイラムだから何グループか旅行客がきていました。
やっぱりトルコ人は踊りが大好き。。。

次の日は崖っぷちのトンネルいくつもくぐって行きました。
kemaliye6

kemaliye9

1957年に架けられた橋が
1970年から近くにできたケバン・ダムに沈んでしまったので、
また橋をかけようという話が持ち上がってから
官僚主義のために何十年もかかってしまい、
1996年にエルズィンジャン県の知事だった
Recep Yazıcıoğluのときにやっと実現したのだそうです。
この話はトルコの有名女流作家、Ayşe kulinの小説にもなっていて、
ドラマにもなりました。

これがその橋です。
kemaliye8

崖っぷちからのユーフラテス川が日に輝いています。
kemaliye7

街道までの近道として地元民の尽力で掘られたこのトンネルですが、
掘り終わる前に別の道を政府がつくってしまったので、
今は観光用になってしまっています。

なんかトルコらしい話です。

さて、泊まっているケマリエです!

ユーフラテス川を臨む山間の小さなこのまちには、
山頂のカルデラ湖から水がドンドン流れてきます。
秋は一番水が少ない時期なのだそうですが、
それでもかなりの勢いで町中の水路に水が流れています。
kemaliye19

kemaliye20

こちらケマリエ・スタイルの民家です。
kemaliye18

kemaliye30

kemaliye31

農業も牧畜もできない岩山に囲まれたケマリエの人々は、
イスタンブルなどの都会に出稼ぎに行くしかありませんでした。
一家で行ってしまう家族も多く、長い間家を空けるので、
雪深いこの地の湿気を防ぐため、
トタンを貼り付けるようになったそうです。
最初は戸口や屋根だけだったのが、
次第にエスカレートしていき、
壁全体を覆うように!

kemaliye33
トタン村になっています〜

最近は観光に力をいれてますから、
綺麗にしている家もあります。

kemaliye17
家の下を水が流れています。

上下に分かれた雨戸が珍しい。
kemaliyw18

こちらはケマリエ民家の象徴(にしようとしている)
装飾的なドアノッカーです。
kemaliye28

まちの鍛冶屋さんでは、お土産用のものが売られています。
kemaliye21

こちらはキリスト教教会だったもので、今は歴史博物館になっています。
オスマン朝時代、このまちの人口の半分はアルメニア人だったそうですが、
1915年の強制移住でほとんどいなくなったそうです。
kemaliye36

まちの高台に行く道には、
昔出稼ぎに出て行ったっきり帰ってこない夫を思って
書いた四行詩の手紙がパネルになって並んでいます。

「死んでも顔を覆わないで
恋しくて死ぬに死ねない
お墓に窓を開けておいて
あの人が帰ったら見れるように」

なんていじらしいのもあれば、

夫が向こうでよろしくやっていることを知って、

「 あの世にはイスタンブルはないよ、逃げ場の
嘘が本当の帳簿を開いてしまうよ
三途の川を渡る時足を滑らせて
頭を打って地獄に堕ちろ」

なんて、おどろおどろしいのもあります。。。

kemaliye24

高台にはトルコ国旗が。
kemaliye27

隣村まで山歩きもしました。

こんな崖っぷちに集落が!
kemaliye34

変わった山草見つけて登ったはいいけど、
降りるのがタイヘン。
kemaliye35

それを撮るツアーの人々。
その人々を撮るワタシ。

元町役場職員の運転手兼ガイドの詳しい説明と、
楽しいツアー参加者で旅行堪能しました!
なにより今回子どもを置いて友人とこれたのが
レフレッシュ〜
でした。

しかし今回のブログ、書くのに何時間もかかってしまった。
写真多くて。

< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/114-442fb828



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。