トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルコの自然はどうなっちゃうんでしょうか
ものすごいご無沙汰してしまいました。
ご無沙汰している間に寒い雨の季節に突入しましたね。

さて、最近私が憂いているのは、トルコの

環境破壊

です。

海や山の自然だけでなく、農地も狙われています。
政府はこんな公共CMを放送しています。

オリーブ3
「農地を守りましょう! 農地に建築をしてはいけません!」

ところが言ってることとやってることが違う!

ときどきドゥズジェに行きますが、
行くたびにヘーゼルナッツ畑が宅地に変わっています。
自治体は建築許可を出してしまっているんですよね。
このことに関して苦情が出ていると自治体職員にもききました。

それについ先日のオリーブの木6000本伐採事件です!
あの301人が犠牲になった、
エーゲ地方マニサ県SOMA郡のYırca村のオリーブです。
オリーブ4

オリーブ1
木を切られて途方に暮れる村の人々です。

もともとオリーブ畑がある土地に、
石炭焚きの火力発電所を建設するという計画に、
なぜ許可が下りるのでしょうか?

どんどん発電所を作るために、
どんどん石炭を採らなければならない。
それを民間にやらせる。
しかも期限付きで、期限が切れたらまた入札。
だからあんな事故が何回も起きるんですね。

長い年月をかけて育てられたオリーブの木を、
たったの数時間で切り倒すのに、
建築主も、許可を出した方も、胸が痛まなかったのでしょうか?

トルコにはオリーブ政策はないのでしょうか?
農業政策がしっかりしておらず、
農家にも輸出できるくらい、世界のブランドになるくらい
よいものをつくろうという認識がない。
農薬も化学薬品もばんばん使ってしまう。
だから安くしか売れない。
 (といっても食卓に上るころには5倍くらいになってますけど?
販売をする企業が値段を買い叩いているからです。)

儲からないから畑を売ってしまえ。
という悪循環です。

一部の農家はオーガニックに切り替え、
ブランド化に成功していますが、
ほとんどがそうではありません。

畜産もだめになってきているし、
農産物など第一産業に対する政策が国民に伝わってきません。
耳にするのは新しい産業団地や技術開発のことばかり。
トルコは食物を100%自給自足しているのが自慢だったのに、
肉などはもう輸入するしかない段階にきています。
何しろ食べ物の値段が急騰しています。

マルマラ、エーゲ海沿岸が狙われています。
今度はバルケスィル県のバンドゥルマ市近くの
海沿いの広大なオリーブ畑が狙われているのです。
すでに近くに発電所が建てられています。
私のお気に入りの庶民的リゾート、
エルデッキのすぐ近くです。
野鳥の天国になっている湖もすぐそばにあります。
そのオリーブ畑に化学工場を集めた
産業団地を建設すると言うのです。
いくら排水を浄化して流すといっても、
生態系に何の影響も出ないとは言えません。

オリーブ2
バンドゥルマ医師会の有志の医師たちは抗議していますが、
何しろ聞く耳持ちませんから今のXXは。

老後はエルデッキに隠居しようと思っていたのに、
この調子ではトルコには隠居するような
環境の場所は残らないかもしれません。
ここはたまたまニュース番組で取り上げられたから
私たちが知ることとなりましたが、
他にも美しい自然をぶち壊して
工場が建てられていることろも多々あるでしょう。

この前仕事でたまたま2023年の共和国100周年までの目標を知りましたが、
その中には「原発を8基にする」というのがありました。

なぬ~~~!!!

ですね。

でも今のところ今の政権に代わるような人材はいないので、
力のない野党が合わさった連立政権になるよりは
安定しているから経済には確かにいいと思います。
とにかく今の政権でもしょうがないですけど、
環境のことには目を覚ましてもらいたいものです。
一度ぶち壊すと、元には戻せないのですから。
経済成長を数字だけで測るのはもうやめてほしい。

自然保護と国民の教養。

これが先進国のバロメーターですよね。
最近日本企業が急激にトルコに進出していますが、
その辺を啓蒙するのも日本の役割と思います。


< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/116-cd70de17



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。