トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブル近郊・マルマラ海のリゾート・エルデッキ ERDEK
 週末1泊だけでしたけど、エルデッキ・Erdekで海水浴をしました。エルデッキはイスタンブルのイェニカプ・Yenikapıから高速船で2時間半のマルマラ海の対岸、バンドゥルマ Bandırmaから30分ほどのリゾート地です。最近はイスタンブルのボスフォラス第二大橋が工事中なので、市内はもとより週末は市外もバカンス帰りの車で大渋滞するので、陸路のリゾートには行かないでおこう~と思ってフェリーで行けるエルデッキへ。ほぼ毎年行っているのでたまにはちがうところに行きたいとことでしたが、とにかく働いていると週末しか休めないのでこのくらいの近場でがまんです。1日でもやすめたらお隣ギリシャのアレキサンドロポリスに行きたかったんですが、休みがないので今回は断念。

 エルデッキは人口4万人ほどのまちで、1923年からの住民交換で(mübadele)で、周辺に当時のマケドニアギリシャ領からやってきたポマック人(Pomaklar)の村があります。ポマック人はブルガリアに多くいますが、ポマック語という独自の言語を持つスラヴ系のムスリムです。もとはギリシャ系住民が住んでいたところに移民してきたわけです。住民交換に関することは、こちらをご覧ください。2012年6月のところにあります。
http://masalgibi.blog.fc2.com/blog-date-201206.html
エルデッキの主な産業はオリーブ栽培。Marmara Birlikという農協があって、マルマラ地方でけっこう売られています。

 高速船フェリーは45TL(2200円)と高いのですが、全行程をバスで行ったら6,7時間かかるのでしょうがありません。しかしフェリーの中の売店が美しく、おいしくなっていてびっくり。値段は市価よりちょっと高めですが、空港ほどぼったくりではありません。買っている人たちもなんかハイソな感じ。。。
IMG_0227_convert_20120731050318.jpg

 船を下りて右側にずっと行くとエルデッキ行きのミニバスが出ています。エルデッキのオトガルから海岸のホテルが今では徒歩10分くらいです。しかし中心街のホテル前の海は藻がいっぱいなので、わたしたちは少し先のチューラÇuğraへ。ここも藻はありますが、10mも沖へ行くと藻地帯を突破できます。エルデッキのオトガルからさらに先のオジャックラルやナルルに行けば、海はもっときれいです。しかしわたしたちは1泊しか出来ないゆえ、チューラ泊。

IMG_0242_convert_20120731051409.jpg
こうしてみるときれいなところですね!とても藻があるようには見えません。
IMG_0241_convert_20120731051851.jpg
ここが泊まったYağcı Hotelです。エルデッキは家族連れ専門で、公務員・自営業系の中流家庭が来ますから、高級ホテルはありません。ここも1泊2食付でひとり70TL(3500円)とリーズナブルです。チェックアウトした後に海から上がってきても真水のシャワーがないのが玉に傷です。っていうか、「玉」じゃないですけど。しょうがないから足を洗う水道で頭も洗ってしまいました。

IMG_0240_convert_20120731053109.jpg
子供たちは激楽しみました!海に入って心のデトックス。

IMG_0303_convert_20120731053623.jpg
トルコのこういう中流海水浴場には船で物売りが来ます。これはゆでとうもろこし、2TL.ボドルムではトーストがアホみたいに高くて20TLだったとききましたが、ここでは2.5TLです。
IMG_0308_convert_20120731054025.jpg
これはスィミット売りですが、なんとふわふわ生地のベルリナーもありました!AlmanTatlısıとか言ってました。おじいさんのりんごあめ売りとかも何回も通ります。びっくりなのは、彼らは帽子もかぶらないで35度の日中を海岸往復しているんです。

IMG_0256_convert_20120731054718.jpg
ディナーは野菜たっぷりのメゼがたくさん!ビールに上げ膳据え膳で命の洗濯です。ラマザンですけど今。。。心なしか海もすいてました。

IMG_0283_convert_20120731055515.jpg
さて、こういう夏のまちには夜縁日がたちます。チャイ・バフチェも人がいっぱいです。夕食後は海岸通りをプラプラ。これがバカンスの醍醐味です~ プチパカンスにぴったりのエルデッキは、別のところ行こうと思っていてもやっぱりまた来ちゃうんですね!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking blogranking
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/12-d3bb4361



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。