トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブルのギリシャ総領事館でクラシック・コンサート
タキシム広場から伸びる歩行者天国、
イスティクラル大通り上に位置するギリシャ領事館付の
文化センター、Sismanoglio Megaroでは、
イスタンブル・シンフォニー協会月2回ほど
クラシックコンサートが催されています。

sismanoglio1

Sismanoglio Megaroとは、トルコ語が分かる方には
ピンとくると思いますが、
Şişmanoğluですね。トルコ人の名前みたいです。
この邸宅は、もとはカッパドキア方面にいたルム
(ギリシャ系住民)コンスタンチノス・シシマンオウル氏の
所有だったものです。

1909年にコンスタンティノス氏の父親が
建てた優雅な邸宅は、
1939年、第2次世界大戦の最中にギリシャ政府に寄贈されました。
sismanoglio3

シシマンオウル一族がその後
ギリシャで病院を建てたりしているところを見ると、
第2次世界大戦に参戦しなかったトルコが
財政難をしのぐために非ムスリムに課した
「資産税」の重圧に耐えかねてか、
ギリシャへ移住したのだと思います。
1923,4年の住民交換
(ローザンヌ条約で決められたギリシャ領のトルコ系住民と
トルコ領のルムを交換する取り決め)
の際に150万人ほどのルムがギリシャ領へ去りましたが、
イスタンブル地域はその範囲に入っていなかったので、
かなりの数のルムが残っていました。
ところが第2次世界大戦中の資産税の導入、
その後1974年のキプロス危機など、
ギリシャとの関係が悪化すると次々に去っていきました。
今ではルムはもう数えるほどしか残っていないそうです。

sismanoglio2

話を元に戻しますが、
今はギリシャ総領事館の文化センターになっている
Sismanoglio Megaroですが、
クラシックコンサートが催されていると、
友人が知らせてくれて、
早速出かけました。
İstanbul Senfeni Derneiイスタンブル・シンフォニー協会という
クラシック音楽愛好会が主催です。
Stainways & sonsの、クラシックなグランドピアノもあって、
音楽会にはばっちりの空間!

sismaoglio5

sismanoglio6
ピアノはSteinway&Sonsのアンティーク?

sismanoglio10

初めて出かけた日はみぞれ混じりの雪が降り、
極寒の日だったので、中止にならないか心配しましたが、
開催する模様。
150人収容のお部屋に30人ほどしか来ていませんでしたが、
それでも演奏は決行です。
Sila Gerbağ さん、Ayşen Pancarcıさんという
フルーティストが出演。
フルートのデュエットが楽しみで来ましたが、
モーツァルトのモーツァルト/2台のピアノ・ソナタ ニ長調を、
フルートデュエットで、
ものすごく近くで聴けて幸せ!
フルートって、デュエットだとますますうっとりする音色です!

sismanoglio7

sismanoglio8
ピアノの方、まるで日本人みたいですね。
一緒に行った友人が思わず日本語で話しかけてしまいました。。。

別の日にチャイコフスキーやガーシュウィンをやるというので
出かけましたよ、娘たち連れて。
今回は満員で、食べ物もあった!
長く会っていなかった知り合いに偶然会ったりして、
うれしい日でした。
サムスンのコンセルヴァトゥワールを卒業した
Seyhan Bulutさんがフルーティスト、バイオリンのCanan Cihangir さん、
アゼルバイジャン出身のOlgaHasanoğlu さん、
打楽器のHasan BulutはSeyhanさんのご兄弟か、ご主人でしょうか、
といった演奏家の方々が出演です。
チャイコのロマンス、ガーシュウィンのラプロディ・イン・ブルー、
モンティのチャルダッシュといったテンポの速い曲で盛り上がりました。
トルコ人作曲家のタンゴ風の曲も。

トルコでは、こういった演奏が聴ける機会が日本ほど多くないので、
アンテナを張り巡らせて情報収集しないと。

イベント情報はこちら:https://www.facebook.com/sismanogliomegaro?fref=ts



< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ






スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/122-3c50019e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。