トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015トルコ総選挙、新しい時代の到来???
またまたすっかりご無沙汰してしまいました。
なんか書かなくなることが普通になってしまった。
仕事だけではなく家事や子育てにも追われているので。。。

それに、いろいろ書きたいことがあったのですが、
これまではうっかりしたことを書くと
何かされそうという怖さがありました。
90年代、PKKが猛威を振るっていた時代に
クルド人の肩を持つようなことを書くと、
しょっぴかれていた時代を彷彿とさせていました。

しかし今回の選挙の結果で、普通に戻れそうかな?
投票率85%と、
国民の関心が非常に高かったことがわかります。

トルコ全体では

AKP: 40.9% 258議席
CHP: 25% 132議席
MHP: 16.3% 80議席
HDP: 13.1% 80議席

と、議会は4党体制になりました。
AKPは258議席と過半数を超えず、
エルドアン大統領が主張している
トルコを大統領制するために行わなければならない
憲法改正に必要な過半数の議席を得られませんでした。

やはりここ数年で激しくなってきている、
大統領の攻撃的で抑圧的な恐怖政治が
よく思われなかったのでしょう。
だいたい無所属であるはずの大統領が
政治ばかりか司法もで操っている状態ってのは
どうなんでしょか。

2011年の前回の選挙からの変化は以下の通り。
    2011年  2015年
AKP 49.8%   40.9%  ‐8.9%
CHP 26.0%   25%   ‐1%
MHP 13%    16.3%  +3.3%
HDP 5.9% 13.1% +7.2%

AKPはアンカラ以外の県では前回を上回る票を集められず、
どの県でも支持を下げました。
特に南東部や東部では20%近くの票がHDPに流れました。
HDPはイスタンブルやイズミルなどの大都市でも、
AKPから票を奪いました。

secim5
地方別、AKPの集票数変化

secim1
地方別、HDPの集票数変化

今回の選挙は、クルド人を代表していたHDPが
全国平均で10%以上の票を集めて、
単独で議席を獲得できるかどうかが注目されていました。

ご存じない方に説明しますと、
トルコでは局地的にどんなに票を集めても、
全国平均で10%を超えないと議席がないという
制限があるのです。
10%を下回った場合は、せっかくの票も他の10%を超えた党に
わりふられてしまいます。
このため、2011年の総選挙では
現HDP議員たちは無所属で出馬していました。
無所属の場合は立候補した地区のみの票が数えられるからです。

今回初めて政党として、
どの党とも組まずに単独で参加したHDPです。

HDPは90年代にテロ活動を激化させた、
クルド人労働党PKKと関係を持つ、
2012年に結成された
政治的組織であるわけですが、
昨年もうひとつのクルド系政党BDPを合併し、
パワーアップしました。

党首のセラハッティン・デミルタシュ氏は、
1973年生まれでまだ42歳と大変若い。
アンカラ大学法学部卒の弁護士で、
「insan hakları derneği人権協会」での幹部を
務めていたこともあります。

PKKの長、オジャランが逮捕され、
イムラル島に拘束されてからは、
PKKの武装放棄を進めるため、
オジャランと連絡をとっていました。

PKKが奪った命の数は3万5千人とも言われ、
彼らのしたことは
決して許されることではありません。

しかしこのHDPのように、
武力ではなく、
政治的にクルド人の権利を守ろうという政党を認めなければ、
先に進むことはできないのではないでしょうか。

さらにはこのHDPは今、
クルド人だけではなく、
トルコで権利を主張できなかった弱者全体に
スポットを当てようとしています。

女性議員が80人の議員中38人と、
他の3党よりも群を抜いて多く、
アルメニア人やスルヤニ、
(日本ではシリア正教と呼ばれるキリスト教の一派)
スカーフをかぶった保守派の議員もいます。

secim3
HDPは党首をふたりにしています。
開票後に記者会見をするデミルタシュ氏と、もうひとりの党首、女性のユクセックダー氏。

選挙運動では「クルド人の党」という
イメージを一切出さず、
民族を超えた左派政党への
脱皮を図っていたように思います。

ミーティングに集まった支持者の中には、
トルコ国旗を掲げている人も出てきました。
いままででは有り得なかったことです。
これまではクルドを象徴する旗が
ひるがえっていましたから。

クルド人国民の中でも
何かが変化してきているのかな、
と思いました。

それと同時に、
クルド人以外の国民にも
変化が訪れているように思います。

デミルタシュ氏は開票直後に行ったスピーチで、
「預かり票があることはわかっています。
この票をくれた人々のことを忘れません」
と言っていました。
「預かり票」というのは、
10%を超えるために
最大野党であるCHPの支持者がHDPに入れた票のことです。

以前ではクルド人以外が
親クルド党に投票するなどということは、
考えられないことでした。

デミルタシュ氏の言葉を借りると、
HDPはクルド人の利益だけを考える党ではなく、
「トルコの政党」になったのかもしれません。

最初HDPを「PKKの延長」と考えていた人々も、
本当の和平のために彼らの力を必要としているのです。

さて、選挙が終わって各党の議席数が決まっても、
これから組閣作業が残っています。
AKPが単独政権をとるのに議席数が足りない限り、
政権にいたければどかかの党と連立しなければなりません。

HDPは最初からAKPとはやらないと言っています。
その他の党がどう出るか注目されています。

選挙前、AKPを倒すために
秘密の協力をしていた3党ですから、
選挙後も3党連立したらどうなのかなと思いますが、
トルコ民族主義を掲げるMHPはHDPと協力を拒否しています。
(オジャランの姪が当選していたりするから。。。
わたしも彼女を出すのはどうかと思いますけど)
それにしても3党連立どころか
2党連立でも長続きした試しがない。
昔の苦い記憶がよみがえってきます。。。

45日以内に組閣できなければ、
また選挙になってしまいます。

そうならないように、
イデオロギーは横に置いておいて、
実質的な協力体制をとってもらいたいな。

そうじゃないと、逆戻りかな。

しかし、2年前のGeziの抗議デモ以降、
トルコ語の言い回しで言うと
「もう矢は放たれた」
状態ではないのかなと思います。
あのときにデモに参加した若者たちは、
今有権者になっています。

AKPはエルドアン大統領が
自由にリモコン操作できる
機械であることをやめなければ、
後退は免れない。

AKPも岐路に立たされているんですね。
でも本人たちはわかってるのかな???


< style="font-size:x-small;">
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/129-c737e8a5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。