トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピラーキ天国
トルコは夏休みに入りましたが、
全然暑くありません。
海に行くような気分ではないですけど、
下の子はとりあえず水泳教室に行っています。
上の子は国際交流組織のボランティアに通っていて、
とりあえず今は家でゴロゴロする子供を見てイラつくこともなく、
平穏な日々。

夏のごはんと言えば、
私にとってはピラーキ‐Pilakiとジャジュック‐Cacık
ジャジュックはヨーグルトの中に
きゅうりの細かい千切りが入ってるやつ。
ピラーキというのはトルコ語英語辞書でひくと、
kind of stew with onion oil and vegetables or fish
となってますけど、
ピラーキの代表はインゲン豆です。
赤っぽいBarbunyaという豆のもポピュラー。
名前からしてルム(昔はけっこういたギリシャ系住民)
の料理だったらしいです。

日本でも簡単にできるし、
冷蔵庫で保存できて、
ビールやワインのつまみにもよいです。
(そういえばラマダンも始まりましたね。。。)
ので、ここでご紹介。

材料はこれだけ。
pilaki1

オリジナル・レシピではKereviz、
セロリの根を入れるんですけど、
それって冬野菜だし、日本では手に入らないと思うので
省きます。
あと、昔のオリジナルレシピはトマト入れませんが、
最近はトマト煮の冷製もピラーキと言っている。

インゲン豆コップ2杯分くらいを
前の晩から水に浸しておきます。
調理前に2,30分下茹でしておきます。

玉ねぎ中1個とにんにくの量は適当だけど
多めがおいしいので半玉くらい入れちゃいます。
みじん切りにしてたっぷりめのオリーブオイルで炒めます。

にんじん(これも冬野菜なんですけど、
彩のためにしょうがなく入れます)とじゃがいもを
サイコロ状に切って加え、軽く炒めます。

pilaki3


pilaki4

そこに下茹でしたインゲン豆を加え、
ひたひたよりちょっと上くらいの線まで水を入れます。
塩も加えます。
オリジナルレシピではここでレモン汁も入れろとあるけど、
もうちょっと後から加えたほうがレモンの風味が生きます。
それからコショウも入れるレジピもありますけど、
わたしは入れないほうが冷製には合っていると思います。

さて、材料が柔らかくなるまで弱火-中火の中間くらいで
煮ますけど、
注意しなくてはならないのは、
豆が柔らかくなりすぎないことです。
茹ですぎると、ぐちゃぐちゃになって、
夏に求めるスッキリ感が失われます。
後で加えるセイヨウパセリ‐Maydanosや
デイル‐Dereotuも呑まれてしまう。

出来上がったら冷めるのを待って、
冷蔵庫でさらに冷やします。
このとき油っ気が少なそうだったら、
ヴァージンオリーブオイルを足してもよし。
ちょっとギトッとしてるくらいが美味。

冷えたらみじん切りにしたMaydanosとDereotuを混ぜ、
盛り付けで上にも散らします。
MaydanosやDereotuは嫌いな人もいますけど、
これなかったら、ただの水煮って感じ。

pilaki6

ちなみにトマト入れるバージョンで、
いろんな野菜でピラーキします。
簡単で保存で来て美味。

写真のように、
ペッパーやズッキーニ、ナスでつくってもおいしいです!

< style="font-size:x-small;">
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/131-076e9e7b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。