トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オルタチギルが好き。
ortacgil1

先日かねがね行きたいと思っていた
Bülent Ortaçgilのコンサートに行ってきました。
私は20年来彼のファン。
本人も65歳と年季はいってます。
周りに好きな人が見つからず、
道連れいなくてなかなかコンサート
行けないんですよね。
さすがにひとりじゃね。
夜遅く始まるのもネック。
でももう子供置いていっちゃうもんね。

トルコのボブ・ディラン?みたいな彼は、
本当は化学エンジニア。
歌手とかシンガーソングライターとか、
そういうカテゴリーにはめられない、
現代の吟遊詩人です。

歌唱力といったら疑問ですけど、
語るような和みの歌い方です。
合間に聴かせる素朴なアコースティックギターの
美しいメロディーラインも魅力です。

ortacgil3

今回はBirsen Tezerという遅咲きの
実力派女性ボーカリストとと一緒のステージです。
伝統音楽出身だけど、ジャズもやる、
多彩な方です。

夏の風物詩、HarbiyeのCemil Topuzlu野外劇場です。

ortacgil2

なんか客の年齢層高い。

ほっとします~

ビュレント・オルタチギル氏は、
1971年に最初のレコードを発表しました。
それが、今でもCMソングに使われているこの曲。

「Yüzünü Dökme Küçük Kız‐顔をしかめないで、ちっちゃな女の子」

20年前、わたしはトルコの60-70年代の映画にはまっていて、
かたっぱしから観てたんですけど、
その中で「PisiPisi」という映画がありました。
今もう歳とっちゃってますけど、
Müjde Ar とKadir İnanırが主演で、
病気でどんどん子供に戻っていってしまう女の子の話。
その映画で使われていたのが、
今でも歌い継がれているこの歌です。
コンサートでも必ず歌います。

バンドの人たちの実力もすごいんですよ。
トルコ有数の名ギタリスト、
Gürol Ağırbaşのギターや
ドラムのソロコーナーがあって、
名人芸を披露してくれます。

もう誰かがUPしててくれてますね。


「Benimle Oynar mısın?‐ぼくと遊んでくれる?」
これをかけてると、下の娘が、
「Bu adam iyi kalpli adam, değil mi?
この人心がきれいな人だよね?」
と言います。
彼の人間的な魅力が歌う歌ににじみ出てくるんですね~

「ぼくが水だったら、火だったら、
空に浮かぶ太陽だったら、
しゃべれなかったら、
石だったら、
それでもぼくと遊んでくれる?
黙ってても、間違ってても、
口から出てくるひどい言葉だったとしても、
しゃべらないで、虜になってても、
それでもぼくと遊んでくれる?」


私の好きな新しめの曲。
「Hiçbir Zaman」
「きみ、お茶を火にかけてくれよ、
驚いたな、
この家はちょっと見馴れないところみたいだ。
そこに座れよ、
だれか音楽をかけてくれないかな。
でもそのあとは?
それか、もう2度とない。
だいたい言葉には鍵がかかっている。
話した、話した。すごく話した。
でも気づくと、まだなにも始めてなかった。
わかったけど、何も説明できてなかった。。。」


Sezen Aksuに多くの曲を提供した、
名編曲者,故Onno Tunçや、
数年前に亡くなった
やはり弾き語りの名手
Fikret Kızılokともアルバムを作っていました。
私の大好きなグループEzgi’nin Günlüğüの
ボーカリスト、Hüsnü Arkan、
独自の音楽性を持つグループBulutsuzluk Özlemi
民謡っぽいのもやるErkan Uğurとか、
去年だったか、亡くなりましたけど、
アラベスクの大御所Müslüm Gürsesにも
「Sensiz Olmaz」という大ヒットした曲を
提供していましたね。
こうしてみると亡くなった人ばっかりだな。

でも、若い子にも大人気のTeomanとも
コラボしています。Mor ve Ötesiもカバーしてます。

長い音楽生活の中ではブランクもありましたが、
ここのとこ、けっこう活動しています。

彼のような人には長生きして、
疲れている中年層をなごませてもらいたいな~

< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/132-310a2913



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。