トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イーネオヤのふるさと、ナルルハン1・iğne oya'nun memleketi, Nallıhan
イーネオヤ・iğne oya はここ数年日本でも人気ですが、このイーネオヤで町おこしをした地方都市があります。アンカラ県のナルルハン・Nallıhanというまちです。

ナルルハンは旧イスタンブルーアンカラ街道上にある、人口1万2千人ほどの小都市です。オスマン朝末期の1871年にこの街道より北よりに鉄道が開通してからはこの街道はあまり使われなくなり、さらには高速道路の開通で忘れられた道になってしまいました。ところがサフランボルをはじめとするトルコ民家や脚光を浴び始めたことこから、トルコ国内でこういった古い町を見直そうという風潮が高まり、60kmほど先のベイパザル・Beypazarıとともに国内観光のツアーに組み込まれるようになりました。

ナルルハンはベイパザルと違ってそれほど古い民家は残っていませんが、なんといってもこの町を有名にしているのは「イーネ・オヤ・iğne oya」です。

iğne oya1
激かわいいですね!これは全部縫い針で結び目をつくりながら編んでいくんですよ。鈎針編みより数倍難しいです。

先日の週末に小旅行に行ったのですが、最近はMetro Turizmのバスが金夜夜にイスタンブルから出ています。夜中かに着くので、その日の宿泊はオトガルのすぐ裏にある文化センターの宿泊施設を予約しておきます。

先月夜中にルーマニアに着いた女子大生が知らない人についていって殺されてしまいましたよね。。。夜中に着くときは注意です。といってもこのまちは犯罪とは無縁の田舎町ですけど。

これがアイハン・スメル文化センター・Ayhan Sümer Kültür Merkeziです。一人35TLで泊まれます。オトガルのすぐ裏で、裏の公園みたいなところを通って行けますが、夜中はわからないかもしれないので表通りに出てロータリーのあるアタテュルク像に行けばすぐ見えます。

ayhan sümer k.m.
Nallıhan belediyesi Ayhan Sümer Kültür Merkezi. İletişim adresi : Tel : 0 312 785 26 00 mail :nallihan.kulturmerkezi@hotmail.com

まちなみは旧街道筋の宿場町らしく、昔馬具屋が並んでいた間口の狭い商店街を髣髴とさせてくれます。
nallihan carsi

nallıhan ev1
ところどころに古い民家も残っています。これはツインになった珍しい例。

こんな風情ある坂道も。
nallihan ev2

これは17世紀初頭にオスマン朝の宰相になったナスフ・パシャのモスクです。ナスフ・パシャはこの街道を整備したパシャとして知られています。Nasuh Paşa Camii
16世紀末のものですが、オスマン朝初期っぽいドームがない簡素な形式です。
nasuh paşa camii

一回でナルルハンの様子を伝えきれないので、何度かにわけてお伝えします。つづく~

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
blogranking
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント
こんにちわ!
ナルルハン、素敵なところですねえ~。
イーネオヤの博物館?とか展示場?みたいなものはないんですか?ベイパザルは、炭酸水の名前でしか、知らないもので…(爆)
とても興味を持ちました。私も機会があったら、ぜひ行ってみたいです。
ところで、相互リンクのお願いです。うちのブログから、こちらのブログの、リンクを貼らしていただいても、いいですか?(^^)
[2012/09/29 00:23] URL | トルコのひつじ飼い #- [ 編集 ]

Re: こんにちわ!
ひつし飼いさん、こんいちは。もちろんどうぞ。こちらもリンクさせていただきますね。
いーネオヤの展示室が文化センターの中にちょこっとありましたが、あとはコーポラティフの売り場にたくさん飾ってあります。また時間がある時に続きをアップしますから、楽しみに〜

> ナルルハン、素敵なところですねえ~。
> イーネオヤの博物館?とか展示場?みたいなものはないんですか?ベイパザルは、炭酸水の名前でしか、知らないもので…(爆)
> とても興味を持ちました。私も機会があったら、ぜひ行ってみたいです。
> ところで、相互リンクのお願いです。うちのブログから、こちらのブログの、リンクを貼らしていただいても、いいですか?(^^)
[2012/09/29 10:01] URL | masalgibi #- [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[2012/12/19 08:11] URL | 添え状の書き方 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/19-36cee382



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。