トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


へバーデン結節治療記2・鍼灸に挑戦
ヘバーデン結節の痛みが、寒さの割にはよくなってきました。(ような気がします)

やはり時期がくるとよくなってくるのでしょうか。痛み始めてかれこれ3ヵ月半くらいになります。

指の変形はこんな感じです。このまま止まっています。早くからサポーターをしていた指は横に広がってしまいました。それに曲げるとつっぱります。

te


自宅でやっていた自己療法には、このような低周波治療器を使っていました。

kikai
オムロンの「肩い~きもち」です。

それに風呂に入るときはバスタブに湯を張って、指もつけていました。

会社もやめて時間もできたことですので、イスタンブルで鍼灸をやっている日本人の人に鍼をやってもらおうと思いました。

トルコ人でも鍼灸をやっている人は最近増えましたが、患者はあらかたダイエット目的です。痛みをとる目的ではあまり行かないようです。

私がイスタンブルに来たばかりのときに、ウイグル人の鍼灸師がいました。中国語、日本語、英語、それにほかにも何ヶ国語も話せるという人でしたが、アジア側だし高そうなので断念。ウイグル人鍼灸師は何人もいるようです。

さて、この日本人の鍼灸師の方は香村マユさんという若い方でした。アラフォーのわたしにとっては、最近知り合う人ほとんど若い、という感じです~

さて、これが横に広がってつっぱる指です。ここにブサッと刺します。
hari
横からも刺しました。

それから、お灸です!

kyu2

鍼を刺して抜いたところに置きます。せんねん灸を持っていたので、もっと早く思いつけばよかったです。

この鍼灸治療のあと、右手の変形人差し指の痛みが軽くなった気がします。
左手薬指の痛み変化は少し?

お灸はこれからも続けてみます。冬の寒さで痛みがひどくならないよう、おすすめです。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/39-c28ddaf0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。