トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あの声だ、トルコ!O ses Türkiye!
毎週月曜の夜にStarTVで「あの声だ、トルコ!O ses Türkiye!」という歌番組をやっています。

昨年もやっていましたので、これで2期目です。

優勝すると車がもらえますが、出場者はやはりプロデビューを念頭に置いている人たちです。

各地方での前予選の後、テレビでも放送される予選に出場します。

4人の審査員がいて後ろを向いています。歌が始まって気に入ればボタンを押して座っている椅子を前に回します。ひとりでも審査員が前に回れば、出場者はその審査員のグループに入って次の段階に進むことができます。数人が前を向いた場合は、どの審査員につくかは出場者が決めます。

審査員は以下の4人です。

ムラット・ボズ:若い女の子たちが失神するトルコのポップスター。コンセルヴァトゥワール卒でしっかりした音楽の基礎があります。昨年の優勝者は彼のグループから出ました。

ヒュルヤ・アヴシャル:80年代から今まで芸能界のトップを行く女優。テニス愛好家としても知られ、自分の名がついたテニスのトーナメントも主催。最近はもっぱらこういう番組の審査員ばかりやっているが、90年代には数々のヒット曲をとばした、れっきとした歌手でもある。トルコ伝統音楽系。

ムスタファ・サンダル:トルコで知らない人はいない90年代の大ヒット曲「Araba・車」の持ち主。数々のヒットを飛ばし、当時は一世を風靡した。現在はプロデューサー業が主。たまにCMに出るが、エンターティナーとしても有能な芸人。いつも的を得た評論をします。

ハーディセ:ベルギー生まれのトルコのポップ歌手。歌がうまいとベルギーで評判になってトルコへ。数年前のEUROVISIONに出場し3位に。英語の歌やダンスもやるので、主に英語の歌で出場する人を選ぶが、ときどき演歌系なども選んでいます。

4人の審査員がいて後ろを向いています。歌が始まって気に入ればボタンを押して座っている椅子を前に回します。ひとりでも審査員が前に回れば、出場者はその審査員のグループに入って次の段階に進むことができます。数人が前を向いた場合は、どの審査員につくかは出場者が決めます。

次の段階とは同じグループ内ほかの人と対決することです。

しかし予選を勝ち抜いて来た人たちはみんな半端じゃなく歌がうまいのです!
トルコ人が歌と踊りの民族だということを実感させられます。

こちらは英語の歌ですが、すごい熱唱ぶりです。

[広告] VPS

ちょっと途中できれてしまっています。なぜか全部アップロードできません~
全部聴きたい人はこちらをどうぞ。
http://www.acunn.com/video/o-ses-turkiye/gamze-sargin-zeynep-topcugurler-duellosu/1188

結局左の黒い衣装の彼女が勝ちましたが、右のふくよかな彼女も捨てがたかった。
本当に聴きがいがありました。彼女たちはハーディセのグループでしたが、ハーディセ本人もびくりするほどうまい。
観客からアンコールがでてもう一回うたってました。

こういう対決を繰り返して、最終的に各審査員のもとには一人づつ残ります。その4人のファイナリストが最終対決をして、優勝者がきまります。歌う歌は審査員が選び、レッスンもしてあげます。

さて、昨年わたしが応援していたのはイブラヒム・シェヴキİrahim Şevki君でした。キプロス出身で男性なのにボーイズソプラノのような声も出て、オクターヴの幅が非常に広い人でした。残念ながら準優勝でしたが、早くプロデビューしてほしいです。

[広告] VPS


やっぱり切れてしまうので全部はこちらで:
http://www.acunn.com/video/o-ses-turkiye/ibrahim-sevki-ask/506

これは女性歌手のセルタブ・エレネルSertab・Erenerの名曲、「Aşk」ですが、急にソプラノに移行する部分があって、かなりの歌い手でも、しかも女性でも難しいのに、彼は立派に歌い上げています。しかもセルタブが歌っているのと同じ歌じゃないみたいに聞こえるところがすごい。

さて、うまいといえば以前紹介した子供ののど自慢「君はまるで歌のようbir şarkısın sen」に昔出てた Şebnem Keskinです。当時13歳でしたが今は16歳になって、イズミルから芸術高校に進学するためにイスタンブルにきています。大きく成長して、さらにパワーアップ。このうまさを聞いてください~

[広告] VPS


どうも1分までしかアップロードできないみたいなんですよね。
皆さん最後まできいてください、こちらで:
http://www.youtube.com/watch?v=XC0dLT2ITVM
生きていたらホイットニー本人もびっくりするほどうまいんです~

とにかくトルコには歌がうまい人が多くて、テレビの前で思わず手をたたいて拍手してしまう日々です。
「あの声だ、トルコ」毎週楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/41-a91add41



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。