トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブル建築散歩ーオスマンル銀行ミュージアムー
カラキョイに通称銀行大通りーBankalar Caddesiーというのがあります。ビザンス時代にはジェノヴァ人の地区でしたが、後にユダヤ人が多く住む地区になりました。
本当はスラブ語で地主とか首領みたいな意味を持つヴォイヴォダ大通りーVoyvoda Caddesi-というのですが、もっぱらこの名前で通っています。

かつてはイスタンブル金融の、しいてはトルコ金融の中心地でした。

こんな風に重厚な石造の西洋風建築が並んでいます。トルコのウォールストリートといった趣です。
19世紀に西洋列強が次々と金融関係の建物を建てました。いろいろな様式が混ざっています。

bk1

これがオスマンル銀行ですが、現在はガランティ銀行と中央銀行イスタンブル支店が入っています。
入り口がふたつあって、シンメトリーなツインになった建物です。
bk2
下の部分は切り出しの石材を荒く加工したルスティカという、ルネッサンス時代のイタリアで流行した様式です。

bk3
上部はコリント様式の半円柱にバロック風の破風がありますが、全体的にはネオ・ルネッサンス様式でしょうか。国旗が掲げられてるのは、中央銀行の方です。

bk4
こちらが銀行の入り口です。何重にもなった木の扉でいかつい感じです。

bk12
入り口はさらに奥まっています。格式の高い格天井が印象的です。

bk5
これはガラタ橋を渡った金角湾の対岸、エミノニュの方から見たところです。ガラタ橋の左下の白い大きな建物がオスマンル銀行です。表側とはうってかわってシンプルなつくりですが、三つ並んだ丸い窓が印象的です。

bk6
こちらはミュージアムの部分です。オスマン朝時代に使われていた金庫の扉。

bk7
当時銀行で働いていたモダン・ガールたちです。非ムスリムがほとんどでした。

 クリミア戦争で借金をしたので深刻な財政難に陥ったオスマン朝政府にイギリス人たちがこのオスマンル銀行をイギリスの民間銀行として設立しました。スルタン・アブドゥルアズィズ時代の1863年、インフレにあえぐオスマン政府は、フランスなど他の国の資本を加えて帝国の国立銀行としました。ということで、帝国の財布のヒモまで西洋列強が握ってしまったのです。

 さらには露土戦争で賠償金を払わねばならなくなり、政府は借金返済を凍結して破産を宣言します。

 西洋諸国はオスマン政府に借金を返済させるために、帝国のタバコや塩、アルコールなどからの利益を回収するオスマン債務管理局をつくりました。この建物は現在イスタンブル男子校になっていて魅力的な建物です)そしてオスマン銀行はオーストリアやドイツ銀行とタバコの管理会社を設立しします。

 そうして1891年にタバコ管理会社はオスマン銀行の新社屋とツインで建てられました。建築家はお雇い外国人のアレクサンドル・ヴァロリーである。イスタンブル考古学博物館やペラ・パラスの建築家として知られる、フランス系オスマン朝臣民でした。パリで建築を学んできていたので、世紀末に政府に非常に重宝がられました。

 オスマンル銀行は1931年に共和国中央銀行が設立されるまで国の公的機能を果たし、以降は民間の銀行として存続しましたが、2001年にガランティ銀行に吸収合併され、145年の歴史に終止符を打ちました。

bk8
今はガランティ銀行のカラキョイ支店として営業を続けています。

bk9
上の階から。こんな仕事場で働いてみたいですね。


osmanlı+bk10_convert_20130111010840
中央が吹き抜けになっています。
すっきりとした「抜け感」は、考古学博物館とも共通するヴァロリーの特徴です。
整然とした様式美です。

osmanlıbk11_convert_20130111011327
最上階の窓からは、スレイマニエが見えます。

カラキョイ地区には実は見所がたくさんです。丸一日あっても足りません。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/42-32725cd6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。