トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のアルメニア人の状況
最近たてつづけにイスタンブルのアルメニア系住民が
攻撃されるという事件が起こりました。

それもみんな80歳以上のお年寄りばかり。
場所はマルマラ海沿岸の旧市街サマトヤSamatyaという、
かつてはアルメニア人が
多く住む地区でしたが、今は裕福なアルメニア人はシシリや
バクルキョイ、アジア側にいるか、外国に行ってしまっているので、
この地区の残っているのは比較的低所得者の人たちです。

大きい社会保障病院SSK Hastanesiがあることで知られる下町です。

surp kevork
これがサマトヤにあるアルメニア教会Surp Kevork 教会です。
周辺は下町情緒あふれる一角で、10数年前に「第2の春iKİNCİ BAHAR」という
大ヒットドラマの舞台にもなりました。Develiという有名ケバブ店もあります。

こんな平和そうな地区の一角で12月に起こった暴行事件では、
被害者が亡くなっています。
家に無理やり入ってきて殴る蹴るなどの暴行を受けた結果、
出血多量で亡くなりました。

1月にはアルメニア人のクリスマスがあり、教会に向かう途中の
アルメニア人のお年寄りが誘拐されかかりました。

つい最近はやはり家に押し込まれ、暴行を受けた結果、
被害者は片目を失明してしまいました。
翌日また暴行未遂事件が起こっています。

これら一連の事件が民族的な感情で行われているのか、
組織的なものなのかはわかっていません。

これらの事件に先立って、
2007年にトルコのアルメニア系住民向けの新聞を
アルメニア語とトルコ語で発行している「AGOS」新聞の編集長、
フラント・ディンク氏(Hrant Dink)が熱狂的な民族主義者の
少年に射殺されるという事件が起きています。

dink
新聞社の事務所がうちの近くで、葬列の人々はこの紙を胸元につけていました。

犯人の少年は当時17歳。トラブゾンにある民族主義の組織が
裏で糸を引いていたらしく、数人が逮捕されましたが、
本当の黒幕は未だにわかっていません。
トラブゾンには極端な民族主義者が多くいる場所らしいです。

お年寄りばかりを狙った卑劣な暴行に、市民も黙っていませんでした。

ermeni saldiri ntv
またNTVのニュース画面です。

こういう抗議デモにBDPというクルド系親PKKの政党の議員たちが加わるんですね。
そうすると、純粋に抗議しようとするトルコ人の気持ちもしぼんでしまいます。

第一次世界大戦時の
アルメニア人虐殺問題もまだくすぶっていますし、
ロシア側に協力したアルメニア人をいまだに恨んでいる
層がいます。アルメニア人は何かあったら信用できないと思っている
トルコ人がいることも確かです。

どう思おうと個人の勝手ですが、
こんな風に殺してしまうのはどうでしょうか。

サマトヤがあるファーティフ区の区長も調査に乗り出してきました。
早く犯人が見つかるよう、警察にがんばってもらいたいです。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/44-521fcdd6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。