トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブルからちょっと足をのばして。。。YALOVA1 アタテュルクの「歩くキョシュク」
翻訳が殺到してブログの更新がままならない状態です。

それでも今日はがんばって更新します。

先週ヤロヴァ・Yalovaに行きました。

私がトルコに来た20年前はまだイスタンブル県に入っていましたが、
確か90年代はじめの選挙の前に独立した県になったと思います。

選挙が近づくと、県が増えたりします。

イスタンブルのイェニカプ・Yenikapıから高速船で1時間あまりなので、
気軽に行ける温泉地です。

ところが今回は二日前に思い立って決めたので、温泉のホテルがとれませんでした。。。

受験までのあと4ヶ月をひかえて、最後のレジャーですから、
無理やり行きました、温泉じゃないホテルに。。。

高速船を降りたところからミニバスに乗って、
Topçular方面に向かうこと15分でTavşanlıというところに着きます。
Topçular はイスタンブルの先のGebze、Eskihisarというところから
カーフェリーが着くところですから、そこからなら近いです。

otel
これが温泉じゃないホテルです。。。Elegance Resortという立派な名前です。
2食付1泊一人135TLとお安い。
アラブ人がいましたが、それよりももっと
私たちを脅かしたのは、シシリ区役所の慰安旅行のご一行です。

ホテルは彼らの対応にてんてこまいで、あまり個人客に構えない様子でした。

market
これがTavsanliのまちです。手前が町最大のスーパーマーケット。
人口が少ない割には外食屋が多い。

ホテルにはプールがありました。温泉じゃないから人肌以下。
アラブ人とほっかむり客が多いせいかガラすき。
若い男女がはしゃいでいました。
区役所のご一行でしょうか。
区役所職員は家族も連れてきていました。
エレベーターにご一行の観光予定がはってありました。
夕方までプログラムがびっしりでした。

ハマムはとてもきれい。でも垢すりサービスはなし。
otel hamam

外にはスパイラル滑り台がついたプールもありますから、夏はいいでしょうね~
海までシャトルバスを出すらしいです。

ディナーはなにしろ区役所の団体がビュッフェを牛耳ってますので、
われわれはアラカルトです。
可もなく不可もなく。
区役所に従業員をとられて、こちらのサービスは手薄でした...

とにかく翌朝チェックアウトして、船着場までの途中にある
「アタテュルクの歩くキョシュク・Atatürk Yürüyen Köşk」へ向かいました。

国立病院でミニバスを降りてちょっと歩きます。

denizden
こんな風に海岸沿いにあります。天気がよくてとても気持ちのよい日でした。
残念ながら現在修復中で中は入れませんでした。

なぜこのキョシュク(東屋)が「歩く」と名づけられているかというと:
1929年のある夏の日、アタテュルクが船でヤロヴァへ向かう途中、
この海岸にあるスズカケの大木が目に入り、しばらくその木陰で休みました。
アタはこの木が非常に気に入り、ここにキョシュクを建てさせました。
完成後、キョシュクに来てみると、
なんとスズカケの枝が建物に当たってしまっているではありませんか。
大工たちは枝を切ろうとしましたが、アタはそれを許さず、
なんと建物を移動させたんですね~
当時としては大掛かりなスライド式のメカニズムをつくって、
動かしている最中の写真が外に展示してありました。

ağaç
これがその銘木です。 本当、立派ですね。

gelin

地元の人はここで結婚の写真を撮影するようです。
わたしたちがいる間だけでも何組も来ました。

向こう側に見えるのはカフェです。
中にはアタに関する本がそろっていて、閲覧可能です。

menü
これがカフェのメニューです。
魚介類もあって、ビールが飲みたくなりますが、ビールはない。。。

長くなりましたので、温泉街のことは次回に回します。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:japonca tercüme ve kültür sanat

スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/46-7db405e7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。