トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルコ伝統楽器・カーヌーンの日々
先週はトルコの伝統音楽になくてはならない「カーヌーン・Kanun」三昧の週でした。

パーカッション、マリンバ演奏者の鈴木未知子さんが、
わざわざカーヌーンのレッスンのためイスタンブルを訪れました。

2年ほど独学でカーヌーンを弾こうとがんばってらっしゃったそうです。

今回念願のレッスンです。私も昔ウードを習っていたことがある者として、
レッスンのお手伝い。

カーヌーンは24あるいは27弦(各弦は2本づつ)ある弦楽器の一種で、
10世紀にカザキスタンでFarabiという人によって発明されたと言われています。
中東全般に広まっています。

kanun

トルコの伝統音楽には音調の種類が無数にあり、
たとえば西洋音楽でいうドレミファの2音の間には9音あり、
(ファはもとから半音なので少ない)
それぞれの組み合わせによって名前がついたマカム・Makamが構成されています。
西洋音楽にある音でも出せるのが、NihaventやBuselikなどのマカムです。
これに対し、ピアノなどにはない音が入っているのが、
Hicaz、Uşşak, Kürdiなどのマカムです。

また、これらのマカムには短調、長調があり、
昔は病気治療に用いられていたそうです。
余談ですが、
音楽療法をやっていたオスマン時代の病院が博物館になっています。
エディルネにあります。

さて講師はイスタンブル工科大学コンセルヴァトゥワールの
若きカーヌーン奏者、セゼル・ユルマズ氏Sezer Yılmaz氏です。

lesson

音楽の専門家である鈴木さんでも苦戦しています。

こちらがセゼル氏の見本
[広告] VPS


この日は基本的なテクニックを教えてくれました。
指先だけで弾かないこと、手首や腕全体を使うこと。
あまり右端ばかりを弾かないことなどなど。

こちらはおまけの演奏です。竪琴のような、うっとりする音色です。
テンポが速い曲で主役を演じるカーヌーンも、
彼の手にかかるとこんなにやさしく、しっとり。

[広告] VPS
 

さて~、同じ週に日本のお琴奏者の末富敦子さんが、
イズミルのエーゲ大学コンセルヴァトゥワールのカーヌーン奏者
ハリル・アルトゥンキョプルHalil altınköprüさんと
和・土折衷の演奏会を開いてくれました。

末富さんはトルコが大変お気に入りの様子。
昨年からアンカラにお住まいで、演奏活動をなさっています。

こちらは琴とカーヌーンの荒城の月。
[広告] VPS


[広告] VPS



琴だけのしっとりもいいですが、カーヌーンが華を添えていますね。

トルコの曲、こちらはNihaventマカムのHatirla sevgili(思い出して、恋人よ)

[広告] VPS


[広告] VPS



会場だったイスタンブルの旧日本総領事館のロココ調の内装もすてきです。

有名なカーヌーン奏者には、ギョクセル・バクタギルGöksel Baktagir, 故人となってしまった ハリル・カラドゥマンHalil Karadumanなどがいます。
こちらでしっとりしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=GqoVmsdk3HE


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/49-321c4020



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。