トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブールで最近HOTになりつつある地区・カラキョイ
 今日は会社の仕事でイスタンブールのカラキョイ地区に行きました。うちの会社は海外引越をやっているので、お客さんはほとんど駐在員。でもときどきお金持ちの個人客もいるんですね。今日のお客はそんな人の中のひとり。どうもアート関係のしごとをしているようです。

 お客さんの引越先はカラキョイ・Karaköy.普通は人が住んでいないような地区です。バンカラル大通り(銀行大通り)と言うメインストリートが通っていて、文字通り一昔前は金融の中心地でした。いわばトルコのウォールストリートですね。オスマン帝国崩壊の生き証人となった建物たちなのですが、詳しくはわたしのHP, http://turkishculture.bitter.jp
「トルコの建築」のところを読んでくださいね。

バンカラル・ジャッデスィ・銀行大通り
これがその銀行大通りBankalar Cad.です。折衷様式の重厚な建物が並んでいる様は、まるでトルコではないみたい。

 こんな建物すごい建物の1本裏は、なぜか照明器具屋と水周り関係の道具屋街になっています。古い街区なので車が止まるところもなく、ひどいことになっています。
parking in karakoy

aşık merdiveni
バンカラル大通りから上に上がるカラキョイの名所・aşık merdiveni・恋人の階段です。ここからガラタ地区へあがる路地は散策が楽しい坂道です。

 今日ロンドンからの荷物を配達したお客さんの家はこの街区にあるアートギャラリー・Sumahanの上の階でした。最近はこの周辺を再開発して、観光的な地区にする計画があるらしいです。古い建物もホテルなどの施設になり、バンカラル大通りも歩行者天国になるのだとか。SumahanのSumaというのはぶどうやいちじくから作る蒸留酒で、ラクの原料にもなっているものだそうです。多分カラキョイの港から出荷されていたのでしょう。このSumahanはその倉庫だったのかもしれません。
 このカラキョイの上方はガラタ地区で、そこの20年前はいかがわしい地区だったのが、今はおしゃれな観光スポットになっていますから、ここもきっとそうなるでしょう。何しろ材料はそろっています。大通りの重厚な建物に加えて、恋人の階段、アラプ・ジャーミー、上へ上がれば情緒あふれる坂道に、タイムスリップしたような路地。本当、今日のお客さんは先見の明がありますね。

arap cami
 このアラプ・ジャーミーは8世紀はじめにイスタンブールがまだビザンツ帝国だった頃アラブ人に包囲されたときに、アラブ人が礼拝のために建てたのが始まりだそうです。その後この地区はカトリックのドミニコ派修道会によって、ごらんの通りカトリック教会のようなとんがり屋根の教会にされました。そしてオスマン朝による征服後はまたモスクになって近所の水道具屋さんたちに親しまれています。大通りの裏にあるので気をつけていないと見過ごします。

 こちらがSumahanの上階から見たアラプ・ジャーミーの裏側。こんな角度で見られることはもうないので、思わずシャッターを切りました。
arap cami 2

 しーんとして人っ子一人いないカラキョイの日曜日は、日曜の霞ヶ関のようですが、近い将来はおしゃれカフェが並ぶHOTなスポットになっているかもしれません。

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/5-f7b392da



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。