トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブル、オリンピックへ5回目の挑戦 国際オリンピック委員会のイスタンブル視察取材記
マドリッド、東京に続いて、
国際オリンピック委員会IOCの評価委員会がイスタンブルにもやってきました。

2020年のオリンピック開催候補地の評定のためです。

わたしも東京のローカル局、MXTVの美人レポーター風戸さんのお手伝いです。

報道向けオープニングにはイスタンブル市長Kadir Topbaşı氏も来ました。

baskan

さすが風戸さんも市長も写りがいいですね。わたしだけ素人っぽいです。

telekom3

さて取材初日はわがガラタサライのホーム、
Türk Telekom Arenaへ。
ボランティアの若者たちがお出迎えです。
本当はTerim関東やAltintop選手もいましたが、
トルコメディアが殺到して写真撮れませんでした。。。

会場説明の前には軽食がたくさん用意されていました。
「東京では食べ物は皆無だった」と風戸さんも驚きです。
パクつきます。
telekom2

今回メディアを仕切っているのは、トルコオリンピック委員会の
もとバスケットボール選手のEmir Turan氏。2m近い身長です。
telekom1

今回驚いたのはトルコの委員会には
元スポーツ選手が数多くいるのですが、
みんな英語が激うまくて、ネイティヴと渡り合ってます。
実業家などになって成功しています。
そこが日本と違いますね。

metro2
まだ開通していない、オリンピックスタジアムまでの地下鉄に
メディアを乗せてくれました。
これがまだ未使用のOlimpiyat駅です。
壁面にさまざまなスポーツの写真がはめ込まれています。
なぜかフェイギュアスケートの伝説ペア、タチアナ・マキシム組も。
スタジアムは空港よりだいぶ北側にあり、
今はほとんど公共交通機関がありません。

olimpiyat1
天気が悪かったです~
これは別の日に自力で行って、
遠くからオリンピックスタジアムを撮ったものです。
さっきのきれいな駅のまわりはこんな風に何もありません。
近くにBaşakşehirという、日本の3,40年前に開発された
多摩センターみたいな一大団地街が見えます。
中流ー少し低所得者向けの住宅です。

TOKIという総理府直轄の集合住宅建設局がつくっています。
これからこの何もない広大な土地に
オリンピック村をつくるのもTOKIです。

plimpiyatplani

(1)のところが既存のスタジアムです。あとはすべてこれから建設します。
オリンピック委員会は試合後の施設の使い道も重視してますから、
向こう側に見える一大団地の人々が利用するようになるのでしょうね。
あの団地の子供たちの中から、トルコの選手が出てくるかもしれません。
何しろ地区になければ通わせるのに親はひいひいですから。。。

ioc1
やっとIOCの視察団をつかまえました!
白髪の老人がIOC副会長Craig Reedie氏です。
2020年までお達者でいらっしゃるでしょうか。

ioc2
その後数日でオリンピック会場予定地をめぐりました。
ここは確かAtakoy Arenaでしたか。
なにしろヨーロッパ周遊5カ国ツアーのように、
どこに行ったかわからなくなるくらいいろいろ回りましたので。。。
障害者バスケチームと記念写真です。

風戸さんが早めに帰国なさってしまったので、
メディア向けのEsma Sultanでのディナーを逃しました~
入ってみたかったんですけど。

ちなみに今回のメディア向けオフィシャルホテル、
コンラッドのメディアルームはこんな感じでした。
ボスフォラスがよく見えてよかったです。
media

さて~「青年とスポーツの省」の大臣、Suat Kilic氏
記者会見でスローガンを発表しました。
bakankilic
Bridge Together です。

記者会見の間は風戸さんに同時通訳していたので写真がいいのがありません。
風戸さんはひとりでいらっしゃっていて、
ひとりでカメラも取材もしてたんです。
巨漢のトルコ人カメラマンたちがかわいそうに思って
いろいろ世話をやいてくれました。
自分がしゃべっているところを撮らなくてはならないこともあるので、
しかたなくわたしがカメラを回したりしました。。。

このスローガンで、わたしの中に何かがピーンときました!

トルコライスです!
torukorice
長崎で生まれたというこのメニュー、
東洋代表バターライスと西洋代表スパゲッティーの上に
架け橋となるトンカツがのっているんです。(でも豚肉なんですけど。。。)

まさに今回のスローガンそのものですね!
まるでボスフォラス大橋です。

kopru


しかしこのSuat大臣、トルコ人記者たちは
みんなハンサム、ハンサムと言います。
ベビーフェース好みでしょうか。

しかし東京の視察も取材した風戸さんいわく、
イスタンブルは全く異質なので比べようがないということです。

他の記者たちもマドリッドにはあまりチャンスがなく、
ライバルは東京と言っています。

今回発表していましたが、
イスタンブルの人口の半分は25歳以下なんだそうです。
どうりで年上にはほとんど会わないわけです。
ということで、活気付いていることをアピールですね。

Bridge Together というのも、2大陸にまたがる点を
強調するスローガンです。

果たして、勝負はいかに。。。
9月の決定までお預けです。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント
トルコで決まりという感じですね。
トルコ人のホスピタリティが感じられます。
[2013/03/27 13:54] URL | まつを #JalddpaA [ 編集 ]

若者の国トルコ
はじめまして。
東京在住のスポーツ好きです。風戸さんとはお仕事で接点がありました。

IOC視察取材記、臨場感溢れるレポートでとても興味深く読ませていただきました。
自分、九州に縁がありまして、"トルコライス"も面白かったです!
あと、あのスポーツ大臣、日本のニュースでも良く登場しますが、若いですよねー

これからもchiekoさんのブログ、読ませてくださいませ。楽しみにしています。イスタンブールに近いうちに是非是非行ってみたくなりました!
[2013/03/28 02:43] URL | エスケープ #- [ 編集 ]

Re: 若者の国トルコ
コメントが来たというメールに返信しましたが、それでは返信になっていない?もしかして。
ここで返信します。
読んでいただいてありがとうございます。
これからもご愛読よろしくお願いします。
[2013/04/03 21:13] URL | masalgibi #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
IOCが安心の東京をとるか、エキサイティングなイスタンブルをとるか、まだわかりませんね~
[2013/04/03 21:17] URL | masalgibi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/52-8c6ee729



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。