トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブルの泥棒とぼったくりバー
泥棒に入られました。。。
トホホです。。。

真昼間にです。

夕方家に帰ってきたらドアが開いていました。
電気をつけたら、ふたつある鍵のとこが壊されて、半分抜かれていました。

まさか、うちに~

と思って中に入ると、リビングの引き出しが全部開けられています。

DVDとかCDしか入ってない引き出しですけど。

机の上にあったラップトップがない!

あと、去年買った娘のフルートが!!!!!

昨年のブログにも書きましたが、中古フルートを東京から埼玉の東松山まで行って
買ってきたものです。

それが一番くやしい~!!!

娘の部屋と私の寝室も引き出しとタンスが全開。
娘が貯めていたこの前のバイラムでもらった小遣いが巾着から抜き取られています。
寝室に金目のものはありませんでしたが、
昔何時間もかかってつくったビーズのアクセサリーがすべて盗られている!
いくらになるってんでしょうか。

バスルームにあった銀のネックレスもありません。
真鍮のネックレスは盗られてません。

すぐ警察を呼んだところ、わりかしすぐきてくれました。

ドアが閉まらないので、近所の人に待機してもらって警察と一緒に
警察署へ。

警察で何を取られたのか調書に書き、サインします。
何かわかったら知らせてくれるとのこと。
後で調査員が来るのでまっててということです。

再び家に帰ったのが6時近くでしたか、なかなか調査員が来ないので、
警察に電話すると、7時過ぎと言われました。

どうやら7時がシフト交代の時間らしいです。

やっとふたり調査員が来まして、荒らされた部屋の写真を撮り、
犯人が触ったと思われるひっくりかしたアクセサリー箱などを新聞紙の上に広げました。

あの刑事ドラマでよく見る黒い粉を刷毛でふり掛けています。

「指紋ないね~ 手袋してるね。」

のひとこと。

もうひとりは家のクロッキーを描いています。
(すごいアバウト。わたしのほうがうまい)

下の娘が保育園から帰ってきていて、作業中
ずっと調査員に話しかけています。

「どろぼうはわるいやつだね! どろぼうが盗んだものを
あたしも盗み返す!」

とか

「どろぼうが来たところみたの?」

とか。

お客さんが来たとばかりにおおはしゃぎで自転車にのってリビングをぐるぐるまわっています。

こっちは怒っているのにうるさくてちゃぶ台ひっくりかえしそうです!

さて、下手なクロッキーと調書にサインし、調査員は帰っていきました。

怒っていたので思いつきませんでしたが、作業の様子を写真に撮っておけばよかった。

鍵が閉まらないので鍵やを呼んでつけてもらいました。
ドアももっといいのに代えることを決心。

彼らが帰ったのでむなしく部屋の片付けです。

するともっとむかつくことが。。。

荒らされた娘の部屋から、空になったアイスの大箱、チョコレートの包み紙、
それに食べていないカビカビになった弁当のサンドイッチがいくつも出てきているではないですか!!!

そっちのほうがむかつきました~

さて、翌日、夜になって警察から電話がかかってきました。

泥棒が捕まったか!?と思ったら、

「うちの署にジャポンがきてるんだけど、あんた、ジャポンだったよね~
何言ってるのかわからないんだけど、ちょっときいてみてくんない?」

あ~?

その日本人に電話を代わってみると、こういうことでした。

ブルーモスクの前で知り合ったトルコ人とタクシーに乗ってバーに行きました。
そこで1,2杯ビールを飲んだところ、8000リラという法外な額を請求されました。
そんなにもっていないので、ないというと、無理やり有り金を取られました。
足りない分は引き出して来いと言われ、バーの人に付き添われてATMへ連れて行かれました。
そこから走って大通りまで逃げました。お店に助けを求めたところ、
警察を呼んでくれて、警察がタクシーをここの警察署に回してくれたんです。。。

しかし、そのバーはおろか、助けを求めたお店の名前もわからないというんです。
「お店では皆さんチャイを飲んでいましたが、食事をしている人もいました」
お茶屋なのか、レストランなのかわからない~

「ブルーモスクからバーに行く途中、タキシムという看板があって、大きなホテルがありました」
「助けを求めた店のところにバス亭がありました。大通りに面していました」

これだけの手がかりで探すのはちょっと~

多分オカマバーとかがあるTarlabaşあたりかなと思いましたが、それなら管轄はBeyoğlu署です。
でも彼が送られてきたのはFeriköy署。

だいたい彼をフェりキョイに送ったポリスはなんで署に知らせてこないんでしょうか。
彼はどこから乗ったのかぜんぜんわかんないんです。

とにかくタルラバシュからジュムフリエット大通りにかけて行ってみたらとアドバイスしました。
近くに行けばわかるというので。

それで何回も電話がかかってきて、やりとりすること数回、
なんとそのぼったくりバーが見つかったんです!

Dolapdereですよ、ラマダ・プラザ・ホテルの裏手です。
ぼったくりはタキシムだけじゃなかった!

電話しながら中に突入して実況中継です。

「ここにいる奴らは君が来たときいたか?」 「いました」
「ほかに誰がいたか?」「5人女性と給仕、支配人らしき人がいました」
「この身分証明書の写真の女か?」「ひとりはいましたが、もうひとりはよくわかりません」
「お金をとった奴はいるか?」「いまここにはいません」

などなど。

「こういうのはわたしは普通お金もらってやってるんですけどね!!!」
と警察に文句言うと、
「オレだって朝の7時から今までずっとこれやってるんだよ!!!薄給で!」
と言い返されてしまいました。
「わたしのフルートも探してよ~」

とにかく彼らはしょっぴかれて調書作成となったらしいですが、
起訴して裁判の結果がでなければお金が返ってくるかどうかはわからないとのこと。
捕まえてもお金は返ってこないんですね。

あ~ 最後に調書に私のサインが要るといいます。
もう夜中の12時です。
いかれないというと、こっちに来るといいます。

結局1時にきて、サインしました。

ああ~これからしょっちゅうフェりキョイ署から電話かかってきたら困る~

被害にあった旅行者は、在イスタンブル総領事館にも知らせましょうね。
そうじゃないと、正式にトルコの警察に取り締まり請求できませんから。

それと、

知らない人についていかないでくださいね!!!!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント
大変でしたね
ホント、ゲシュミシュ・オルスンですね。
泥棒がどのくらい物色したのかしらないけれど
何度聞いても怒る話です。
でも、ご家族に害がなかったのでよかったです。
昔住んでいた家の大家は、出かける時サロンの電気をつけておいた方がいい、となりに泥棒が入ったからと言っていたのを思い出しました。

その日本人もお金をとられただけでよかったと思う。
親日家トルコ人言説をマに受けてほいほいついていく学生がいるみたいですし。
[2013/08/23 23:15] URL | まつを #- [ 編集 ]

Geçmiş olsun!
たいへんでしたねえ。
私も過去に強盗に襲われたり、グループの窃盗団に駅で襲われたり、トラムですりに財布を持っていかれたり、ひったくりにバッグを奪われたり、家に泥棒が入って娘の卒論の入ったCDと携帯電話、パソコンを盗もうとしていたところに気配を感じた娘が寝室から出てギャーッと叫んだので、パソコンは放り出して3階の窓から飛び降りて逃げた猫のような奴、盗まれたものは帰って来ず、卒論の書き直しなどハプニングがいっぱいでした。
それにしても、まだそこらで知り合った男について行く人がいるんですね。信じられないよ~。この手の犯罪のため、私も何度もスルタンアフメットを管轄するクムカプ警察に通訳として呼び出されましたよ。
日本人はもう少し警戒心、危機管理の心構えが必要ですよ。ぼったくりバーのうわさは他でも聞きました。
とにかくお疲れ様。フルート戻ってほしいですね。
お嬢さん方に怪我もなくて何よりでした。
[2013/08/24 22:37] URL | madamkase #JeDKLqWY [ 編集 ]

Re: 大変でしたね
ありがとう、ほんと、ムカつきます~ 男の子は次の日領事館に言いに行ったみたい。領事館から「あんたがきのう助けてやった子じゃないの~?」と電話かかってきました。。。
[2013/08/25 00:23] URL | masalgibi #- [ 編集 ]

Re: Geçmiş olsun!
ありがとうございます。そちらは百戦錬磨ですね~わたしもとうとう洗礼受けちゃいました。。。
[2013/08/25 00:30] URL | masalgibi #- [ 編集 ]

災難でしたね。
ご無沙汰しております。
イスタンブールデモ取材ではお世話になりました。
オリンピック象徴関連の情報が有ればと久々にブログ拝見しましたが、災難でしたね。
でも、ご家族に怪我がなくてホント良かったです。
犯人が捕まることを心よりお祈りしてます。
[2013/09/07 05:03] URL | hirotoshi ando #- [ 編集 ]

Re: 大変でしたね
本当、災難でした。それに加えて今日はオリンピック東京に取られてしまった!でもこれで日本に元気になってほしいです。
[2013/09/07 23:06] URL | masalgibi #- [ 編集 ]

Re: 災難でしたね。
お見舞い、ありがとうございます。犯人捕まっても物は戻ってこないですけどね。。。
オリンピック東京に決まりましたね、イスタンブルはすごい自信もってたんですけど。
ブログ更新しましたから、そちらをご覧ください。
[2013/09/08 00:27] URL | masalgibi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/71-5f83be25



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。