トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オリンピック、一気にショボーンのイスタンブル
東京、おめでとう!ですね。
イスタンブルでやってほしい気持ちもありましたが、
最近の日本の元気のなさには心を痛めていたので
これで盛り返して欲しいです。

これまで全くオリンピックに盛り上がってなかったイスタンブルでしたが、
やっと発表の前日からテレビでもやるように。

当日は朝からスルタンアフメット広場や市内数カ所にスタンドが設置され、
盛り上げてます。かなり信じています。

Olimpiyat4

昨日までオリンピックのことなんか気にもとめていなかったくせに、
今日は浮かれ気分でレポーターの後ろで旗ふっているご一行。

Olimpiyat3

一回目の投票でマドリッドが落ちて、自信満々でうれしそうなエルドアン首相夫妻などのトルコの一団。

Olimpiyat5

ところが。
「TOKYO」最終発表があったとたん、がっかり。。。
Olimpiyat7

エミネ・エルドアン首相夫人だけ苦笑い。

Olimpiyat6
一方の日本のご一行は大喜び。

Olimpiyat8
がっかりのエルドアン首相はインタビューでは意外にサバサバしています。

「決定には敬意を表す。
かなり期待していたが、ダメだった。
あとはオリンピックでもっとメダルをとるよう努力することが大事だ。
ここまで来ただけでもトルコにとっては成功と思う。
スルタンアフメットに集まっている国民のみなさんによろしく」
しかし、トプバシュ、イスタンブル市長は影が薄い〜
誰もインタビューしない。だいたいこれまでの活動でも影薄かった。
これじゃ来年の地方選でサルギュルが対抗馬で出たら負けちゃうかもね。

Olimpiyat9
イスタンブル招聘委員会のアラット氏はがっかりした様子。
「ここまできただけでもすごいこと」
となぐさめ。

Olimpiyat10
「うちらは優勢デスよね」
「マドリッド票がこっちにどれくらい流れますかね」
などと、ああだこうだ言っていたスポーツご意見番たちもショボーン。

Olimpiyat12
うつむいてしまっています。

やっぱりインフラが心もとないのと、
スポーツ大会の経験が浅いのが原因でしょうか。
60ー38で東京ダントツだったらしいですから。

ちなみに大勢が旗降って集まっていたスルタンアフメット広場は、
落選発表のあと瞬く間に韓国expoの会場に早変わりしたそうです。。。
今年韓国年ですから。

Olimpiyat11
最後に、NTVスポーツのレポーター、3月の選考委員視察のときも出ずっぱりでしたが、
ブエノスアイレスにも来てました。
tokyoMXTVの風戸さんに、日本のアナウンサー、宮根誠司さんにそっくりと指摘されてました。
ほんとそっくりですね!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking


Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/72-e17dc63c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。