トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルコの原発建設予定地、スィノップ
先日、トルコで日本企業の三菱重工が、フランスの企業などと
建設をすることになっている原子力発電所の
建設予定地、スィノップ県に行きました。

フリージャーナリストのお付き合いです。

スィノプは黒海沿岸に位置する、トルコ最北端の地です。

Sinop2
このようにくびれた半島になっています。
対岸はクリミア半島です。見えませんけど、もちろん。

Sinop12
漁業を生業としていますので、港には漁船がいっぱい。
スィノップのhamsi片口イワシは有名です。

Sinop11
夏だと観光業もまあまああるらしく、
目抜き通りにはホテルが並んでいます。
他の黒海沿岸のamasraなど、ジェノヴァ人やビザンス時代の人たちが
つくったまちに似ています。

sinop16
紀元前7世紀に作られたという城壁に囲まれているせいでしょうか。
黒海沿岸って、いかにもトルコっぽい文化圏なんですが、
古代建築にはローマ時代のものが多く残っていて、
そのミスマッチがなんともトルコらしいなあ〜と思います。

Sinop13
こちらがスィノップ県の地図です。
北部の県庁所在地スィノップ市の北端のインジェ・ブルヌ
İnce burunuに原発が建てられるそうです。

東側のgerze郡には火力発電所も建設予定です。

Sinop15
原発建設予定地は、sarıkumという、
自然保護地域に入っています。

Sinop14
珍しい野鳥やここにしかない植物もあるのだそうです。

Sinop10
岬はのどかな放牧地です。

Sinop4
ポツンとひとつ灯台がたっています。
ここの灯台守は1863年から先祖代々同じ家族が受け継いでいるそうです。

Sinop17
周辺の村には畜産や小規模農業ぐらいしか産業がなく、もし原発が来るなら
土地を売ってどこかに引っ越してもいい、と、
あまり反対していません。

Sinop8
さっきの目抜き通りには、原発建設が検討され始めた何年も前から
原子力研究センターなるものができていて、
周辺住民や学校に原子力の安全性(?)を啓蒙してきました。
建物は20世紀初頭に流行った「国民建築」っぽいです。

Sinop5
中には「原子力は自然にやさしい」というポスターが。

Sinop6
建設予定地の人は原発ができることには無頓着な感じでしたが、
まちのインテリ層はそうでもありませんでした。
この方は「スィノップ反核プラットフォーム」代表の
Kayhan konukçuさんです。
他の原発予定地akkuyuの反対運動ともリンクして活動しています。

Sinop1
彼らはタキシムgezi parkゲズィ公園のデモにも来ていました。

「原発ができれば温水が流れ出て、ここの名物のイワシに影響が出る。
自然保護されている植物のことも心配だ。住民は雇用につながると思っているが、
実は原発には単純な労働力はあまり必要なく、エンジニアなどの専門家が
必要なので、周辺地域経済の活性化には繋がらない」
と、心配しています。

日本の企業が参加していることに関しても、
「日本は好きな国。だけど、このまま建設計画が進めば、
日本製品をボイコットする運動もしなければならないかも」
と、悲しそうです。

さて、時は変わって今月13日、東芝さんがトルコに開設され、
オープニングパーティがありました。
私もちょこっとですが通訳として参加。
東芝さんは原発に関する技術も持っておられます。
そこで東芝さんの弁護士団に会いました。

「私は原発はいやなんですが、どうしても必要なんでしょうか。
風力発電などグリーンエネルギーではだめなんですか」ときくと、

「トルコ西部はともかく、内陸部や東部にはそれほど風力がありません。
水力や火力が何らかの影響でダメになった時のため、
原発を持っている必要があるのです。」
と、言われてしまいました。

やっぱりないとダメなんでしょうか。
どうしてもやるなら、安全には万全を期してほしいです。
でもできるんでしょうか。。。

スィノップのほとんどの地域は過疎化していて、
特に建設予定地のあたりは人里離れていて行きにくい場所です。
観光化するのも一苦労。
そういう場所がやはり選ばれてしまうのでしょうか。

ちなみにスィノップの街中はなかなか見応えありますよ。
私たちが泊まったホテルはsinoparkというところ。
さっきの目抜き通りにあります。
新しくてキレイ。でもちょっと湯がぬるかった。。。

Sinop9

ちょっとおしゃれな朝食サロン。
Sinop7

原発のためにスィノップの空港拡張中でしたが、そろそろ出来ているかも。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/75-b44c5004



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。