トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウイグル料理レストランとトルコ系中央アジアの文化
トプカプにある大きな公園の中に、ウイグル料理屋があります。
ウイグルというか、中央アジアのトルコ系民族の料理と言った方がいいかもしれません。

トプカプは宮殿ではなく、メトロバスのTopkapıか、トラムのcevizlibağのことです。

公園の一角に遊牧民テントが見えてきます。
そこがウイグル料理レストランzinnetと、
中央アジアトルコ系共和国の文化紹介ブースが集まるスペースです。

Uygur1
「パオ」がふたつほどあって、平屋の建物がいくつも並んでいます。

Uygur2
まずは「バシュコルトスタン共和国」のブース。
こんな名前の国、きいたことがありませんでした。ロシア連邦の一共和国です。

Uygur4
場所は、ロシアの地図の中でこんなところにあります。タタリスタンのとなりです。

Uygur3
首都のウファはこんな感じ。どうも新しい建物が多そうです。
遊牧民だったから、歴史的建造物がないのかも。
ロシア語のほか、タタール語、バシキール語というトルコ語も属するテュルク語系の言葉を話します。
バシキール人というのもトルコ系民族らしいです。もとはトルコ系だったブルガール人のブルガール語を受容していたと考えられているそうです。ブルガリア人も、もとはトルコ系だったのが、今のブルガリアにきてからスラブ化したのですね。

Uygur5
国の主な産業も展示されていて、どうも歯科材料の生産がさかんらしいです。なんかこんなものが展示されているところが微笑ましい。

Uygur6
となりのタタール共和国では、トラック、自動車、ヘリコプターもつくっているよう。
国内需要がおもだと思いますけど。だって、ロシア製の車なんか見たことないですから。

Uygur7
タタール人のータタリスタン、首都はkazanです。ロシア風の建造物が並ぶ美しいまちです。
人口は114万人ほどということですから、イスタンブルの10分の1くらい。
でもその周辺では一番の大都会です。

Uygur9
こちらはカザフ共和国のイスラム教偉人の霊廟にあるという「大ナベ」のレプリカ。
大ナベはトルコ語でkazanといいいますから、やっぱりカザフスタンートルコ語でカザキスタンーは大ナベに関係あるのですね。ということはタタリスタンの首都カザンもそうなんでしょうか。

Uygur12
こっちはキスギス共和国の楽器。トルコの伝統的な楽器とほぼ同じです。

Uygur13
遊牧民のフエルトを使った品々。なんか「スーホの白い馬」思い出します。
馬を使った競技もあって、馬が生活に密着しています。

Enver paşa
キルギスタンといえばこの人、Enver paşaですね。
(と思ったらこの写真はnuri paşaでした。弟の。顔がそっくり。彼もアゼルバイジャンで戦いました)
第一次世界大戦にオスマン朝が負け、登場の政権党だったittihat ve terakki党の戦争大臣だったエンヴェル・パシャは中央アジアに亡命。ここキルギスタンでトルコ系共和国の独立をかけた戦争に参加して戦死しました。近年、遺体がトルコにひきとられ、çağlayanの裁判所の前に墓ができています。

さて〜、お料理です。

このzinnetズィンネットレストランには、ほんとのウイグル人がいます。
中国人と仲が悪いので、はじめ「何人?」ときかれました。
日本人とわかって、ほ〜っという感じです。
Uygur22

Uygur19
これはgoşnanといって、大きなピロシキといった感じ。パリパリに揚がった生地の中はひき肉、
といっても彼らのひき肉は機械でひいた肉ではなく、大きな包丁で細かく刻んだ感じのものです。
肉汁がじゅわ〜っと出てきます。これで12tl。

Uygur18
このサラダはpintoza.
ビーフンみたいなものとニンジンです。そういうとこは中国っぽい? 8tl。

Uygur20
ウイグルうどんのlagmen(legmen)。
多分羊の尻尾のとことの油を使っているのかな、けっこう脂っこいです。
麺はシコシコではなく、けっこうねっとりしている。
素朴な歯触りです。個人的にはもうちょっとサッパリしててほしい。。。
となりはÖzbek plavı ウズベク風ピラフ。トルコ料理にも取り入れられていますが、
本場のはより脂っこいかな〜
12と10tlです。

Uygur21
ウイグルMantı。トルコでは小さくて茹でますが、これは中華の点心のように蒸します。12tl。
中はやっぱりひき肉より粒の大きい刻み肉。濃いヨーグルトsüzme yoğurtがソースとして出てくるところが
中央アジアっぽい。
点心よりプリミティブな味です。
個人的にはもうちょっと肉は細かくしてほしいかな。。。

Uygur16
ほかにもいろいろなメニューがあります。お値段もおわかりのとおり、リーズナブル。
でもビールがない〜 市民公園内だからしかたないか。。。

今度は子供達も連れてきて、ブースを見せてあげたいと思います。
市民公園の中にもあるし、公園内にはpanorama müzesiという、
オスマン朝がコンスタンティノープルを陥落させたときのことをテーマにした
博物館もありますよ。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/76-113a55c7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。