トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブルからブルガリアへ小旅行〜ブルガス&世界遺産ネセバル

バイラム後半にブルガリアへ小旅行を企画しました。

ブルガリアはこれまでソフィア、プロブディヴ、ヴェリコ・タルノヴォと
いろいろ行きましたが、今回は黒海沿岸のまち、ブルガスへ。

Metro turizm, istanbul seyahatなどのバスが行っていますが、
時間がちょうどいいnişikliというバスで、8時半にイスタンブル、エセンレル・オトガルを出発。
片道58tlでした。

burgaz1

Çorluの方を通ってDereköy の国境へ。国境近くは電話もネットも繋がらない
人里離れた山奥。紅葉がきれいでした。
天気が悪かったのが残念。

Burgaz2
ちかいのでつい国内感覚で滞在許可証を忘れてきてしまいました。。。
国外でるたびになんかある、今年。。。この前出国してから
3ヶ月たってないから大丈夫かーなどと思っていました。
でも法律変わったんですよね。
しかし国境でオンラインでなんとか私のデータを見つけてセーフでした!
こちらはブルガリア側の税関。
バスを降りないですみました。トルコ側の方が厳しい。

徳田銀行

ブルガスで降ろされたのは鉄道駅近くの海岸通り。
2時半くらいに着きました。
Nişikliの事務所がありました。
Booking.comで予約しておいたHotel bulgariaには歩いて行けます。
途中、こんな日本の銀行が!
徳田銀行なんてきいたことないですけど、
ソフィアに徳洲会という日本の医療グループが病院建てたというから、
その関係の銀行なんでしょうね。
この街でやっていけるんでしょうか。

Burgaz6
ホテル・ブルガリアは街一番の目抜き通り、
aleksandrovskaとおりにあります。
お部屋はトルコの中級ホテルくらい。

Burgaz7
10階の部屋からは海まで見えます。

Burgaz13

民俗学博物館。
日本の昔のお屋敷みたいに前庭の奥にあります。
キリル・メトディ教会のそば。

Burgaz12

連れの家族と子供達は興味がない様子なので、ひとりで出かけると、
案の定私以外はひとりも訪問客はいませんでした。
私が来たら電気をつけていた。

Burgaz11
民族衣装の数々。
トルコの黒海地方のものに似ています。
トルコからの移民村のものも。
こちらは冬のさむさを追い出す日本の「なまはげ」に似た
儀式の衣装。
どの国も寒いのは早く終わらしてもらいたいのですね。

Burgaz8

さらにしょんぼりの自然博物館。
こちらは全員で行きましたが、私たちがきたらつけた電灯は、
ついている間中ジーッジーッと音をたてていました。。。
この地方の動物、昆虫、鉱物の展示がありました。
何故か動物の解剖図も。

Burgaz14

街中には世紀末っぽい建築がたくさんありました。
バロック&アールヌーヴォー風?

Burgaz deni

海岸の方にはビーチもあります。
これはちょうどnişikliの詰所の裏当たり。
ビーチと海岸に沿って気持ち良い公園&遊歩道&自転車道があります。

Nesebar8
次の日に、世界遺産に指定されているネセバルに行きました。
ブルガスの鉄道駅の左側にバスの発着場があります。
ネセバル行きはけっこう頻繁に出ているよう。6レヴァでした。
小一時間ほどで着きました。
昔は離れ小島だったのを道路でつなげたものです。

Nesebar6
島全体が保存地区になっています。
シーズンが終わっているせいか、あまりひと気がありません。
伝統的な木造家屋が並んでいます。
トルコの民家と比べると、全体が木で覆われているのが特徴的です。

でもサフランボルや他の街の民家と比べて、
また、ブルガリアのプロブディブやコプリフスィティッツァ、エタル民家園の
ものと比べて、凝った作りとは言えません。
これが世界遺産なのかな〜
夏はビーチリゾートがありますから、きっと人がいっぱい来るんでしょう。

客がいないのでレストランの客引きががんばっています。
手前のコックさんの姿をした人のお店に行くことにしました。
Georgeの家だったか店だったか、そういう名前でした。
レストランに入ってみたら、おじさんはトルコ語がしゃべれた!
ブルガス周辺はトルコ人人口の多い地域です。
私たちがレストランに入ると、他のトルコ人観光客が続々とやってきました。。。

Nesebar4
世界遺産になっている理由は中世の教会群が残っていることでしょうか。
これはそのうちのひとつ、St.stephen教会の内部です。
12世紀ごろのものらしいですが、ブルガリア正教が独立を認められたのが10世紀ですから、
その後のものですね。
トルコにも多く残る正教教会のように、中央にドームを抱き、
アーチ部分にもフレスコ画がびっしり。
壁のフレスコ画も素晴らしい。

Nesebar5

こちらはpantocrator教会。
イスタンブルのファーティフ地区にも同名の教会がありますね。
確か救世主とかいう意味でしたか。
ほとんどイスタンブルのものと同じ十字プランですが、
奥の部分は残っていないのか、中はとても狭くてフレスコもないので、
入らなくていいかも。
見かけイスタンブルのパントクラトールやカーリエにそっくりです。
でもこれも14世紀、ブルガリア正教になってからのものです。

Nesebar7
これはネセバルサイコのst.sofia教会で、6世紀くらいに建てられたと
思われるそうです。ちょうどイスタンブルのアヤソフィアの再建時と
同じ時期です。この頃はまだギリシャ正教の時代ですね。

Burgaz kek
何箇所か発掘場所が見られます。
これは浴場跡でしょうか?

Burgaz16

さて、同じ道を同じバスで帰り、夜はホテルのロビーから直結している
Happyというお店に行きました。
天気が悪いせいか、他のお店は客がまばら。
なのにここは結構入っています。
それに寿司もある!

Burgaz17
ベーコンの白チーズ巻きがビールのお友に合う!
これで2,8レヴァとは安い。

Sozopol1
右はマスカルポーネとなんと「味噌」のケーキ。
なんで味噌なんでしょうか。
結構マスカルポーネとマッチしてて美味しかったですけど。
寿司といい、日本の食文化が浸透しています!

次回は素敵な海辺のまち、ソゾポルをご紹介。



< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:世界遺産 - ジャンル:海外情報


コメント
初めまして。イスタンブールからブルガリアへの行き方を調べていてこちらにたどり着きました。4月にイスタンブール経由で、ヴェリコタルノヴォにバスで行こうとしています。自分で調べてみると、オトガルとアクサライのバスターミナルの名前がでてきました。ヴェリコに直接いくにはどっちのバス停か、ご存知でしたら教えて下さい。
[2014/03/21 15:15] URL | みか #fgwDsSUg [ 編集 ]

ヴェリコタルノヴォ
ヴェリコに行くバスは少ないですけど、RUSE行きに乗ると着くと思いました。
Esenler のオトガルからがいいです。
今ネットでちょっと見たら、たとえば来週日曜発でHUNTURという会社のでこういうのがありました。
http://www.hunturturizm.com/

İstanbul » Çorlu » Kapıkule Stara Zagora » Veliko Tırnovo » Razgrad » Ruse

30 Mart 2014 Pazar
19:45
İstanbul発

31 Mart 2014 Pazartesi
04:00
Veliko Tarnovo

İstanbul

Otogar Peron No: 126 エセンレル・オトガルの乗車場番号
Veliko Tarnovo
Otogar Yug
65 ユーロ

7.8年前に行ったときはたしかAVAR TURİZM という会社のバスで行ったと思う。
上のHUNTURもものAVARの会社みたいですけど。
http://vizesi.com.tr/bulgaristan-vizesi&ulke_icerik=bulgaristan-otobus-seferleri.html

サイトの英語版はないけど、GOOGLE翻訳で何とかわかると思いますよ。

ヴェリコはとてもyかったですよ!楽しい旅を!
[2014/03/23 23:47] URL | masalgibi #- [ 編集 ]

調べていただいて、ご親切に、どうもありがとうございます!!
[2014/04/02 21:48] URL | みか #vUAwu7FY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/80-80d0a9f4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。