トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリーマーケット&コンサートでまた忙しい週末
先週末もまた忙しかった!

年末はいろいろな催し物があるので、
忙しいですね!

てか、自分で企画して自分で忙しくしてるんですけど。

上の子が行っているイスタンブル日本語補習校で
初の試み、年忘れフリーマーケットを開催しました。

それに出すものを作ったりしていたので、
土曜日以前も忙しかった。。。

フリマ2
これだけのクリスマスクッキーを作るのに、
1,5kgも小麦粉を使いました。バターは700gも。。。

大きいくまちゃんは首が割れやすく、焼きあがったのの半分以上は
だめに!生き残った大きいクマちゃんは、全然売れませんでした。
でも小さいクッキー詰め合わせと、中くらいのクマちゃんは完売。

フリマ1
補習校の保護者が、アクセサリーや食べ物、家の不用品を出店。
楽しい一日でした〜

しかしこの日はこれで終わらない。
疲れて荷物を持って帰ってきたら、
フルートのコンサートへ。

harbiyeのcemal resit reyホールなので、
近くのニシャンタシュで開催されている、
毎年恒例のイルミネーションを見物に行きました。

ニシャンタシュ1
イスタンブル、シシリ区のおしゃれ地区、nişantaşıのabdi ipekçi通り。
今年はトンネルタイプです。
通りのカフェは人でごったがえしています。
カフェの外席に座ったとたん、
鼻持ちならないスノッブさんに変身。
同じ現象は、アジア側のbağdat通りでも起こります。


ニシャンタシュ2
スノッブ中のスノッブ、ちょと横にそれたatiye通り。
去年は高いカフェの間に、安いサーレップ屋の露天が出ていましたけど、
今年はあるかな。

ニシャンタシュ3
門の建物もおしゃれにおめかし。

こういうところに気軽に来れるので、
この辺りに住んでいてよかった!と噛みしめるひとときです。

途中の公園内にあるカフェで食事してからホールへ。
そこのカフェにはこれからコンサートに行く人で賑わっていました。

この日のコンサートはフルートの貴公子、Emanuel pahudと、
ギターの巨匠christian rivetのリサイタル。

ふたりともすごい技術なんですけど、
演目の半分くらいが新しめのテクニック優先の曲で
娘が退屈〜
ヘンデルとバルトークがあったので行ったのですが、
ちょっと専門家向け? お客さんもコンセルヴァトゥワールの
関係者ばっかりという感じでした。

バルトークはトルコの作曲家で音楽研究者のadnan saygınと
アナトリア音楽の共同研究などもしていた、
トルコゆかりのハンガリー人作曲家です。

そのせいか、トルコで行われるコンサートではよく演奏されます。

エマニュエルパフッド
演奏中は撮影禁止なんで、挨拶の写真しかありません。

なんか煮え切らないまま帰路につきました。

今度はもっと派手な素人向きの演目のものに行こう。

< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/86-a40d4357



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。