トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルコの星・ジュネイット・チャクル!Cüneyit Çakır
昨日帰宅途中で自殺騒ぎを目撃しました。
自殺騒ぎ1
それでこのビルの下はこんなことになっていました!
自殺騒ぎ2
消防車や救急車が来ていて、ビルの真下にはトランポリンのようなものが!白いのが見えますね?

結局この人はあきらめたようですが。この日一生懸命ニュースを見ていましたが、何も言ってませんでしたから。

 さて、今はEURO2012サッカー欧州選手権の真っ只中です。残念ながらトルコは出られませんでした。予選落ちです。。。この前はワールドカップにも出られないし、最近ぱっとしません。
 しかしそんなトルコにも希望の星がいるんですよ。それは、審判のジュネット・チャクルCüneyit Çakır です!

Cüneyit
準決勝のスペイン・ポルトガル戦で主審を務めるチャクル

 1976年生まれ若干36歳のチャクルは、今回のEURO2012の審判の中でも最年少。父親も審判だった彼は大学は経済学部を卒業しているインテリです。トルコの国内リーグで2001年にデビューし、2003年にUEFAの公認審判に、2006年にはFIFAの公認審判となりました。2003年からはチャンピオンズリーグの主審なども務め、トルコのチームが出てないときは、彼の活躍を見て国民がなぐさめられました。
 今回もそう。生放送は国営放送TRTでしたが、アナウンサーが試合の流れ以外にもチャクルの一挙一動に解説を入れます。「今のはチャクルの的確な判断でしたね!」とか「公正なジャッジでしたね!」「今のフェイントにチャクルはだまされませんでした!」とか、ほめちぎってます。翌日の新聞も試合よりかチャクルの扱いが大きかったりして。(というのは言いすぎですが)
 準決勝のスペイン・ポルトガル戦で堂々と主審を務めたチャクルは、決勝でも第4審を務める予定です。なんかかっこいいですね!

 トルコが出なくてさみしい今回のEUROでもうひとつのなぐさめは、ドイツ代表で出ているトルコ系三世のメスット・オズィルMesut Özilです。彼は「自分をドイツ人だと感じている」ということで、トルコ代表のオファーを蹴ってドイツ代表になったのですが、正解ですね。トルコ代表はどの大会も予選落ちです。1988年生まれのオズィルの家族は70年代にドイツに出稼ぎに来たトルコ人でした。地元のジュニアチームでメキメキと頭角を現したメスット少年はシャルケ04、ブレーメンと次々に有名チームに引き抜かれ、今ではレアル・マドリッドの星です。
Mesut
残念ながら準決勝でイタリアに敗れましたが、彼のことはテレビ中継中もあまりほめちぎってませんでした。やっぱり何と言っても今回の華はチャクルです!

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/07/13 11:54] | # [ 編集 ]

Re: はじめまして
こんにちは、コメントありがとうございます。
私が勤める引越会社はアンカラが本社です。ご相談乗ります。
じゅうたんは単純にじゅうたんだけなら郵便でも送れると思いますが、どれくらいの大きさなんでしょうか。
荷物はスーツケース1,2個分くらいならDHLなどの国際宅急便でも送れると思いますよ。
ただ100kgを超えるようだと、通関のときに手続きをするように言われるかもしれません。
普通に国際引越として送ると最初から通関料金が加算されますので、費用がかかりますが、Door to Doorで家まで運んでもらえて楽です。もし本気でお引越をお考えなら、chieko@asyanakliyat.comにお問い合わせください。

> はじめまして。私はアンカラに住むSeikoと申します。
> 突然のコメント失礼いたします。
> いくつか、ブログを拝見させていただきました
> まだ全部ではありませんけど....
> 引越しのお仕事をされているというのを拝見して、とても嬉しく思いました。
> 私はトルコ語がわからないので、日本へ荷物を送る際に困る事が結構あり、日本からペットを連れて来ている事もあり、日本への帰国の際は、なるべく手荷物を少なくして帰りたいと思っているのですが、Pttの小包で送ろうと思ったら、サイズの制限や重さの制限、内容物の制限なんかもあり、色々ネットを探したのですが、絨毯などの大きいものはどうやって日本へ運んだら良いのがわからずにおります。
> そういう物を扱う事は可能なのでしょうか。
> どうぞ宜しくお願い致します。
[2012/07/13 12:36] URL | masalgibi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/9-2fd8132c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。