トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスタンブル・シャングリラホテルの飲茶
年末の話になりますけど、
高級飲茶に行きました。

イスタンブル・ベシクタシュの海岸沿いに
シャングリラホテルができまして、その中にある
Shang Palaceという中華料理店です。

年末なんで、ちょっと贅沢しようということになりました~

お隣は海軍博物館で、こちらもリニューアルオープン予定。
いつまでかかるんでしょうか、リニューアル。

Beşiktaşの船着場にほど近いシャングリラの外観は意外と地味。

shangrila14

トルコでは年末も正月もクリスマスツリーがそのまま飾られます。
shangrila13

ホテルの中はこんな感じ。
shangrila15

飲茶がある
ShangPalaceの内装は、高級感ある紫とゴールドを基調とした内装。

shangrila1

shangrila2

アッパーな人々が商談を兼ねて、といった雰囲気で来ていました。。。

飲茶メニューは68TLで、好きなだけ頼んでもいいのですが、
お茶はついていない。。。

飲茶なのに茶がなくてはだめじゃないか、
というんで、高いですけど注文。

ちなみに17TLで、アンチエージングとか書いてあるお茶です。

すると中国人らしきウェイターがやってきて、
「Welcome to our restaurant」とかなんとか言って、
口がノズルのように長い湯が入ったポットを振り回し始めました!

shangrila5

しかもバックから湯を注ぎます。

shangrila6

17TLとは、この余興の値段も入っているんですね。

さて、手始めにエビ点心を注文。

shangrila3

半透明の生地にプルプルのエビ。
上品な味わい。
っつか、隣のアッパーなビジネスマンの手前、
こちらも上品そうにしなくてはいけません。

shangrila4

続いて水連の実入りチマキです。
昔ベトナム土産に水連茶と水連の実の菓子をいただいたことが
ありますが、
水連の実って栗みたい。

これがけっこうおなか一杯になりそうなボリューム。

shangrila7

ウェイターおすすめのチキン炒めとか肉シューマイが
次々と出てきます。
だべ切れるかしら~
タッパー持って来ればよかった。
でも隣のビジネスマンの手前、そんなことはできません。

shangrila8

春巻きに焼きそばと、次々炭水化物が出てきます。

shangrila9

これは、なんだかよくわかりませんが、
プルプルの半透明の生地に肉が入っています。
しかしすでにおなかがいっぱいなので、
味がよくわからない~

さらに焼き餃子も出てきました。

デザートも炭水化物です。
アンマンにごまケーキ。

shangrila11

それにあんこの渦巻きもち。

shangrila12


お茶もお湯がなくなると、例の中国人がさっときて、
すかさず湯を注ぎます。

そのおかげでもうガボガボ。
友人がビニール袋を持ってきていたので、
ほとんど残してしまった焼きそばを
隣のビジネスマンに見られないように
ささっと入れました。。。

お上品な味付けなんですが、こんな高級じゃなくていいかな。
まあ、話のタネに一回くらい行ってみるのもよいのでは?

< style="font-size:x-small;">ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



Facebook:origami keyfi japonca tercüme ve kültür sanat
スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報


コメント
こんにちは。シャングリラホテルのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。
[2014/03/10 22:58] URL | 萌音 #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
読んでいただき、ありがとうございます。この写真はたまたまちゃんとしたカメラで撮ったんですが、ほかのブログはIPADで撮ったりしているので、暗いと全然よく取れません。懲りずに他の生地もたまには読んでやってください。
[2014/03/18 00:02] URL | masalgibi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masalgibi.blog.fc2.com/tb.php/90-d8d09e71



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。