トルコ語翻訳家のイスタンブル暮らし
トルコ・イスタンブール生活22年目、反抗期真っ盛り上の娘、生まれてからずっと反抗期の下の娘をかかえる働く母の日々の出来事や感じたことを綴ります。
プロフィール

masalgibi

Author:masalgibi
トルコ生活22年目の二人子持ちの翻訳家・通訳の日常生活と旅行の記録です。トルコ民家研究がライフワークです。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


へバーデン結節治療記 The Therapy of Hebarden Nodes in Turkey
ヘバーデン結節という指の病気にかかってしまいました。
ちょっと英語でも題名を表示してみました。もしかしてこの病気に悩む外国人も見るかな~などと思って。

石灰化(kireçlenme)の一種らしく、遺伝が多いと言うことですが、私の家族にはだれもいません。40代以上の女性に多いと言うことです。。。まさにアラフォーの病気です!

before 3
 Middle and ring fingar

このように指の第一関節に結節ができて膨らんでしまいます。中指は4.5年くらい前になって、今は痛みはなくなっています。そのときは腱が傷ついていると言われてサポーターをはめていたのに、これだけ膨らんでしまいました。
押すと痛いので、キャップを開けたり、何かをつかんだりするときに痛いです。

before1 Index,middle,ring fingar
こちらは人差し指が痛いです。気付いてすぐにサポーターをつけたので、あまり曲がっていませんが、膨らんでいるのがわかりますね。中指も若干なっています。

4,5年くらい前になったときは1本だけだったのでこの病気に気付きませんでした。子どもを追いかけたりしているときに壁に当たったり、とにかく子どもが小さいうちはどこかにぶつけることが多いんですよね。

それが原因と思っていました。しかし今回4本も同時になったのでおかしいと思い、ネットで調べたところ、この病名が浮かび上がってきました。

そこで行き着けのTürkiye Hastanesiの整形外科に行きレントゲンをとってもらいました。わたしがヘバーデンの可能性を切り出したところ、そうかもしれないからリウマチ科に行けといわれました。

この病院にはリウマチ科がないので、社会保障SSKがきく国立病院に行こうとして予約とろうとしたところ、どこもいっぱい!

インターネットでは向こう2日間分しか出てこないので、その先の予約がとれません。いつ見ても真っ赤で空いている時間がない。予約取りの専門科になった人に聞いてみたら、「夜中の12時に日付が変わるときがねらい目なのだ」と言われてトライしましたが、やっぱりだめで断念。。。リウマチの専門医が少ないんです。

そこでSSKの割引がきく私立病院でリウマチ科があるところをさがしました。

HUZUR HASTANESI・フズル病院。それがわたしが見つけた安い病院です!
 また宗教っぽい病院ですけど、そういう病院が安くてよかったりするんですね。
huzur.jpg Huzur Hospital

予約が取れなかったHASEKI病院のすぐ隣。リウマチ科は割引がきいて診察30TLです。
それでそこの先生がすごくよかったんですよ。
Uzm.Dr. HÜLYA DEDE VAHEDİという岸田今日子似の女医さんで、とても丁寧な診察でした。

血液検査の結果リウマチでないことが判明したので、やはりヘバーデン結節と診断されました。

そこで理学療法の専門医にまわされ、理学療法(Fizik Tedavi)15回受けることに。

このお医者さん、Uzm.Dr.Şen Bezirganさんはホームドラマで主人公のお父さんが会社帰りに立ち寄って一杯やる小料理屋のおかみみたいな太りぶりなのですが、親身になって相談にのってくれます。しかもここのFizik TadaviはSSKがきいて一回15TL とお安い。

会社に行く前の一番最初の予約で8時に行きます。つらいです。

まずは低周波治療器です。自宅にオムロンのホームタイプがありますが、病院のは強い!
elektrotlow-frequency therapy equipment

こんな風にはさみます。
elektrot therapyapplication:20Min.
ときどき「ギャ~」というほど強いのが来ます。「そんな風になる人は今までいなかった」と驚かれてしまいました。やっぱりトルコ人は強いんですね。

ちなみにこの病院の経営者はイラク出身なので、イラク人のお金持ちも入院治療を受けに来ていました。アラビア語のおかかえ通訳がいるんですよ!

これを20分やったあとは超音波治療です。

ultrason1ultrasonic therapy apparatus

ぬるま湯の中で超音波をあてます。
ultrason3 application:5min.

そのあとはパラフィン治療と言う、ロウを溶かしたお湯につけて温める治療です。
ultrason2 paraffin therapy

すぐタオルに包んで15分ー20分そのまま保温します。
towel wrapped with towel and wait for 15-20 min.

ロウが手指をラップして保温してくれるんです。はがすとこんな感じ。
parafin 2 after paraffin therappy
これはきれいにとれたとき。ゴム手袋みたいですね。

普段はこういうサポーターをしています。薬はVoltalenのジェルと飲み薬。
after support splint and medicine: Voltalen jel,Voltalen tablet.

15回終わりましたが、結果は微妙。Voltalenの錠剤が強いので、Minosetに変えて1ヶ月くらい様子をみることにしました。Voltalenをサボっていたので、Minosetを飲み始めて続けたところ、一番痛い指の引きつりが減ったような気がします。

それでだめならレーザー治療といわれました。さてどうなることか。。。


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

blogranking

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。